三流君 ken3のmemo置き場

三流プログラマーのメモ書きです。主にVBAやWindowsの話題が多いです

挨拶・自己紹介:
失敗続きのAB型の変わり者 :三流プログラマー Ken3です
フリーのエンジニア・個人事業主です・・と書くと聞こえはイイが(それとなくカッコよく聞こえるが)、 現在は小さな案件の受注請負 と 短期派遣 で 日々つつましく?ほそぼそと暮らしてます。
よく検索されるキーワード: [質問回答XXXXさんへ] [CreateObject] [VBA] [JRA競馬オッズ]

Outlook VBA で 現在開いているアイテムを取得する方法を探ってみた

1.Outlookで 今 開いているアイテムを取得する方法

連絡先を予定表に投げると(ドラックandドロップすると)、
会議 の 出席依頼を作成する画面が表示され、
連絡先 と 開始と終了時刻 が 自動的に入ります。

ここから、データを取得したいので、
Outlookで 今 開いているアイテムを取得する方法
を探ってみたいと思います。

outlook VBA の 編集画面を表示する
ツール・マクロ や alt+F11 で 編集画面を表示ます。

いつものように、
イミディエイトで探ったり、テストのプログラムを作って、
プロパティやメソッドを探っていきます。

動画

いつもの試行錯誤で右往左往している動画です。
Outlook VBA ActiveInspector.CurrentItem で アイテムを取得 - YouTube
www.youtube.com

サンプルプログラムのコード

? typename(application.ActiveInspector.CurrentItem)

MailItem
AppointmentItem
TaskItem
など、アイテムが探れるので、タイプ・型がわかったら、
小さなテストプログラムで確認します。

下記にサンプルで使用したコードを載せました。
イロイロといじって探ってみてください。

Sub test0211_001()  'Application.ActiveInspector.CurrentItemで開いているアイテムを確認

    Dim oITEM As AppointmentItem
    
    '連絡先からドロップ後、予定表が開いているはずなので、
    Set oITEM = Application.ActiveInspector.CurrentItem
    '↑で、会議 予定表 As AppointmentItem を取得

    '開始時間・終了、出席者の名前を取得する
    Debug.Print oITEM.Start
    Debug.Print oITEM.End
    Debug.Print oITEM.Links.Item(1).Name
    
    '予定表を閉じる
    oITEM.Close olDiscard

End Sub

終わりの挨拶

まだまだ、先は長い感じ・・・

Ken3 ホームページ 目次

分類:HPを大きく分けると4つの柱(分類)です。
・[Excel/Access VBA]の解説
・[ASP(Active Server Pages)]の解説。
・[元コンビニ店長時代の話]が弟に巻き込まれ、失敗した脱サラ、畑違い?の仕事で失敗。
・[プログラマーの愚痴]では、あまり見せたくない三流プログラマーの内面かな。
三流君を踏み台にする
主に上記4つの分類でHP作成やメルマガの発行を行ってます。
※更新頻度が落ちていて情報の鮮度が悪いです。



Googleを使用して検索する

読者の声:三流君の説明・解説じゃ よくわからなかったから、Googleを使って、自分で検索します。
三流君:残念です。あっ、下記にGoogleの検索窓を設置しました。
いろいろ指定して試してみてください。

Google
探す言葉:気になる単語や,オブジェクト(Document),プロパティ(.Busy)やメソッド(.Navigate)などを入れて検索してみてください。


言語を指定:見つからない時は指定無しで探す

サイト指定:人気QAサイト や 一次情報MS本家を指定する
一次情報・二次情報まとめから探る
QAサイトの質問から探る
検索実行: ←オプション確認後に検索ボタンを押してください

期間指定:情報の鮮度も大切?
検索実行: ←オプション確認後に検索ボタンを押してください


本当に三流なんです(笑):たまにスゴイですねなんて言われることもありますが、
真実は→ [三流君の真実は...] ←を初めに見てくださるとわかると思います。
(からくりは、成功例↑しか載せてなくて ヒドイ失敗例はお蔵入り迷宮入りが多かったりします)