三流君 ken3のmemo置き場

三流プログラマーのメモ書きです。主にVBAやWindowsの話題が多いです

挨拶・自己紹介:
失敗続きのAB型の変わり者 :三流プログラマー Ken3です
フリーのエンジニア・個人事業主です・・と書くと聞こえはイイが(それとなくカッコよく聞こえるが)、 現在は小さな案件の受注請負 と 短期派遣 で 日々つつましく?ほそぼそと暮らしてます。
よく検索されるキーワード: [質問回答XXXXさんへ] [CreateObject] [VBA] [JRA競馬オッズ]

Office2016 32ビット版で読み上げ機能の設定 OS:Windows7 64ビットで失敗した話

先に結果を書くと、
Windows7 64ビット版で
Office2016 32ビット版を使用している人は、
読み上げ機能を使用する時は
Microsoft Speech Platform の 32ビット版を使うと動くよ。
そんなお話です。

ここから下が、
初めの一歩、初期設定でハマったお話です。

操作の動画
Windows7 Office2016 で 読み上げ機能を設定・使用する ハマったお話【三流君】 - YouTube
www.youtube.com


目的:テキスト読み上げを行いたい

Office2016でテキスト読み上げを行いたくて、
リボンに読み上げを追加したが、
グレーアウトで機能しない。

なので、
Windows7 Office2016 読み上げ
をキーワードに検索する。

検索結果から、

[読み上げ] 音声合成機能を使用してテキストを読み上げる
https://support.office.com/ja-jp/article/-%E8%AA%AD%E3%81%BF%E4%B8%8A%E3%81%92-%E9%9F%B3%E5%A3%B0%E5%90%88%E6%88%90%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%82%92%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%81%BF%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8B-459e7704-a76d-4fe2-ab48-189d6b83333c
を見つけて、
読み始める。

順番に、

Microsoft Speech Platform をダウンロードする
https://support.office.com/ja-jp/article/%E8%A4%87%E6%95%B0%E8%A8%80%E8%AA%9E%E3%81%AE-tts-%E3%81%A7%E8%AA%AD%E3%81%BF%E4%B8%8A%E3%81%92%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%82%92%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%99%E3%82%8B-e522a4f2-37cb-492b-be6a-8997d23dfe70
リンク先に飛び、

1.使用しているオペレーティング システム プラットフォームを確認します。

私の使用しているOSはwin7で64ビットでした。
※でも、office2016は32ビット版でした。

※更新プログラムをダウンロードするときに選ぶ x86 パッケージ、x64 パッケージって何?
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2462840
より
Q.
>適用したい更新プログラムのページまでは見つけたんですが、
>どれをダウンロードしていいかがわからないんです。
>その更新プログラムに
x86 パッケージ、x64 パッケージという
> 2 種類のアイコンがあって、
>どちらかをダウンロードすればいいんでしょうけれど。
x86 パッケージと x64 パッケージって何が違うんでしょう?

途中のイチャイチャやりとりは省略 ぉぃぉぃ
※気になった人は、URL https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2462840参照元

A.
x86 パッケージが 32 ビット版用、
>x64 パッケージが 64 ビット版用ね。
>32 ビット版の Windows を使っている人は x86 パッケージの更新プログラムを、
>64 ビット版の Windows を使っている人は x64 パッケージの更新プログラム
>を選べばいいのよ。

なので、初め、64 ビット版をダウンロードしました。

次に、

2.Microsoft ダウンロード センターに移動し、使用しているプラットフォームの Microsoft Speech Platform をダウンロードします。
http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=185767

3.指示に従って、コンピューターに Speech Platform をインストールします。


あとは、

追加の TTS 言語エンジンをダウンロードする

日本語 (日本) TTS エンジン - ダウンロード
http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=185751
※↑いきなり、ファイルを開こうとして、怖いなぁ

MSSpeech_TTS_ja-JP_Haruka.msi を インストールする


リボンまたはクイック アクセス ツール バーに [読み上げ] を追加する

これで、OKと思ったら、なぜかグレーアウトで動作しない・・・

原因は、単純で
使用しているOfficeが32ビット版で(インストールしたOffice2016が32ビット版)
今インストールした 64ビット版のMicrosoft Speech Platformが合わなかった。
そんなお話でした。

なので、
32ビット版のMicrosoft Speech Platformをインストールしたら動いた・・・
そんなお話でした。

読み上げ機能を使って、イロイロやってみようかなぁ・・・
と思ったら、
ABC Office2016など、アルファベットと混在だとうまく読めないのかなぁ?
いろいろと研究が必要ですね。

以上、初めの読み上げ設定でハマったお話でした・・・

Ken3 ホームページ 目次

分類:HPを大きく分けると4つの柱(分類)です。
・[Excel/Access VBA]の解説
・[ASP(Active Server Pages)]の解説。
・[元コンビニ店長時代の話]が弟に巻き込まれ、失敗した脱サラ、畑違い?の仕事で失敗。
・[プログラマーの愚痴]では、あまり見せたくない三流プログラマーの内面かな。
三流君を踏み台にする
主に上記4つの分類でHP作成やメルマガの発行を行ってます。
※更新頻度が落ちていて情報の鮮度が悪いです。



Googleを使用して検索する

読者の声:三流君の説明・解説じゃ よくわからなかったから、Googleを使って、自分で検索します。
三流君:残念です。あっ、下記にGoogleの検索窓を設置しました。
いろいろ指定して試してみてください。

Google
探す言葉:気になる単語や,オブジェクト(Document),プロパティ(.Busy)やメソッド(.Navigate)などを入れて検索してみてください。


言語を指定:見つからない時は指定無しで探す

サイト指定:人気QAサイト や 一次情報MS本家を指定する
一次情報・二次情報まとめから探る
QAサイトの質問から探る
検索実行: ←オプション確認後に検索ボタンを押してください

期間指定:情報の鮮度も大切?
検索実行: ←オプション確認後に検索ボタンを押してください


本当に三流なんです(笑):たまにスゴイですねなんて言われることもありますが、
真実は→ [三流君の真実は...] ←を初めに見てくださるとわかると思います。
(からくりは、成功例↑しか載せてなくて ヒドイ失敗例はお蔵入り迷宮入りが多かったりします)