読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三流君 ken3のmemo置き場

メモ置き場、保管庫として利用。まとまっていませんがヨロシク



ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 第8話 感想 序盤少しだけ

ブザー・ビート 〜崖っぷちのヒーロー〜 台詞と感想: 第11話(最終回)/第10話/第9話/第8話/第7話/第6話/第5話/第4話/第3話/第2話/第1話


ブザー・ビート#08 第八話 感想01 隠れる直輝(山下智久)と莉子(北川景子)24歳の抱負

今週は先週の「半径五メートル」とかの感動シーンの続きからスタートです。
もしかして、先週15分拡大させて、ねじ込んだけど、ひっぱって、もったいつけて、
このシーンからでもよかったかなぁ・・・なんて思ったり。

玄関先で熱い抱擁、バランスを崩して倒れてしまう、直輝(山下智久)と莉子(北川景子)
莉子「痛い、」直輝「ゴメン。大丈夫」莉子「うん 大丈夫」
のあと、続きが始まるのか?と思ったら、抱きかかえて歩き出す山P
お約束?のお姫様抱っこされビックリの莉子(北川景子)ちゃんが女の子らしい発言
莉子「あっ、チョットちょっと、やめてよ私意外と重い」
直輝「うん、知ってる」※知ってるのか?
莉子「ちょっとヤダ降ろして」
直輝「ダメダメ」莉子「降ろして」
で。降ろしてからまた抱き合う二人

直輝「俺、白川さんのこと好きになった」と事後報告か?
莉子「私も」、、「私も好き」、、「もう離れたくない」
再び見つめ合う二人、で、タメテから山Pキス行きました

「んっ?」ハッと我に帰る莉子(北川景子)
莉子「聞こえる」直輝「んっ?」
莉子「マイの足音が聞こえる」※耳がスゴクいい莉子(北川景子)ちゃん
直輝「えっマズイ」と聞こえないのに動揺中?
莉子「近づいてきてる」
で、足音と話し声が聞こえてきた、、、
莉子「マズイ帰ってきた」で、あわてる二人、
直輝(山下智久)は麻衣(貫地谷しほり)の部屋に隠れようとして「そこマイの部屋」と注意されたり
靴を脱げといわれたり、
バタバタしながらお約束のクローゼットじゃなくて、無難に莉子(北川景子)の部屋へ逃げ隠れる直輝(山下智久)。

「ただいまぁ〜」とご機嫌の二人、麻衣(貫地谷しほり)と秀治(溝端淳平) が登場
とんがり帽子をかぶりテンションの高い莉子(北川景子)の姿を見た麻衣(貫地谷しほり)が
麻衣「夜中なのにテンション高くない?〜」とこちらもテンションあがってます。
秀治「見てください、マイさんこんなに買っちゃったんですよ」と莉子(北川景子)に報告
莉子「ホントだこんなに〜」と必要以上に驚く?
麻衣「これで朝まで飲めるね」莉子「ねぇ〜」と異常なテンション。
麻衣「さぁ、うたげの続きですよ、グラスを洗いましょうね、グラスを。新しいキレイなグラスで飲みましょうね」
部屋に視線を投げ、気にする莉子(北川景子)
秀治「莉子さん」莉子「はっ」
秀治「今夜はイッパイ飲みましょうね」
莉子「飲もう飲もう」
秀治「誕生日ですから」
なんて会話中、画面が横滑り、莉子(北川景子)の部屋へ、隠れている直輝(山下智久)
窓から見える公園、練習場を見る。※ここから見えるのかぁって感じなんだろうなぁ

シーンは宴会場へ、麻衣(貫地谷しほり)が莉子(北川景子)を立たせて、
麻衣「では、改めて 抱負をどうぞ」
莉子「んっ何?抱負?」「マイの誕生日の時、そんなの言わなくなかった?」
麻衣「言ったよ」
秀治「マイさんは何て言ったんですか」と気になる秀治(溝端淳平) 君
莉子「あっ、思い出した、彼氏を作るだったでしょ」とトンデモ発言
真顔の麻衣「それ、思い出さなくていいから」横で笑顔の秀治(溝端淳平)
秀治「いゃ〜ぁ、オレ、かなえちゃったかなぁソレ」
麻衣「余計なこといいから」と姉さん女房に注意される秀治(溝端淳平) 君
麻衣「で、莉子」と莉子(北川景子)に抱負宣言の続きを催促
莉子「私は夢をあきらめないことかな」と途中から笑顔莉子(北川景子)ちゃん
で、部屋で聞いてる山Pの絵が映り、
莉子「私がりっぱなバイオリニストになるなんてホント夢みたいなことだと思うけど、でもあきらめないで一歩ずつ夢に近づけたらいいなぁって思う」
麻衣「うん」「いい抱負だ」パチパチパチと麻衣(貫地谷しほり)と秀治(溝端淳平) が拍手
莉子「ありがと」
秀治「すげぇイイっす、オレも腐ってないでバスケ頑張らないとなぁ」
莉子「そ〜だよ、秀治君だってまだまだ若いんだから」
麻衣「やめてよリコ、私達だって十分若いんだから」と会話にカットイン
麻衣「山田先輩が言ってた、二十世紀にはクリスマスケーキシンドロームって言うのがあって、女の子は二十四歳までに結婚しなきゃって風潮があったらしいんだけど、2009年の私達にとって24なんてタダの二回目の年女だし、これからもいくらだって夢を持てる」と力説
莉子「うん、そうだよ、夢追ってこう」麻衣「追ってこう」
麻衣「リコ、24歳にカンパイ」
一同乾杯〜で盛りあがる中、カヤの外的な直輝(山下智久)の寂しそうな絵
と思ったら、直輝(山下智久)が八番のキーホルダー発見。独り言はもらえなかったけど、なんか内心嬉しそう。


ブザー・ビート#08 第八話 感想02 リコ/ナオキ「とか呼んでみた」

で、朝になりました。
莉子(北川景子)は麻衣(貫地谷しほり)の部屋をノゾキ、寝ている姿を確認。
次にドアから出ている足の先、狭い部屋で 麻衣とのイイ夢見ている?秀治(溝端淳平) を確認。
自分の部屋に戻り、これまた寝ている(ぉぃぉぃ)直輝(山下智久)を確認。
寝顔を見ながら、山Pの前髪を触ったりしてたら突然腕を捕まれ引き寄せられる莉子(北川景子)
お目覚め直輝が一言「リコ」、、「とか呼んでみた」来ましたねうれしそうな莉子(北川景子)ちゃんの絵。
莉子「じゃ」、、「ナオキ」、、「とか呼んでみた」と返す莉子(北川景子)ちゃん。※うまい、頭の回転速いよね
なんか、いい感じの二人の絵ですね。
莉子(北川景子)を後ろから抱き寄せてる直輝(山下智久)の心の声※映像無しで目をつぶって想像して下さい的な??
直輝心の声「なんだろう?とても不思議な感覚だドリブルするボールが手に吸い付くような、引き寄せられるような やわらかい 安心感 それが気持ちよくて、、オレは一ミリも隙間が無くなる位 彼女を強く抱きしめた」
やってくれますねぇ、普通に部屋からの逃走シーンだけで終わらせないで、朝からお目覚めのイチャいちゃシーンですかぁ。
「とか呼んでみた」の返しはなんか三流プログラマーのツボにハマリマシタ。いいなぁ、なんて。
で、CMへ

CM明けてから、やっと逃走シーン
莉子「いまのうち」「今のうちだよ」と直輝(山下智久)を手招き、恐る恐る出てくる直輝(山下智久)
直輝「あれ?二人は?」
莉子「たぶん朝ごはん買いにコンビニ行った」
直輝「って言うかアノ二人仲良くない?」と自分達のこと棚に上げて観察結果の報告かよ
莉子「うん、まぁね、その話は また そのうち」と歯切れが悪い莉子(北川景子)
直輝「オレ、これ片づけなくて大丈夫」
と誕生日会、夢のあと の テーブルが気になる男家政婦の直輝(山下智久)、さすがキレイ好き
莉子「あ〜、いい、いいそんなことしなくって」と手を振り、やんわりお断り、※さっさと帰れよと視聴者の声
莉子「でも、この間のフレンチトーストは食べたかったなぁ」と思い出す
直輝「作ろうか?」
莉子「ううん、麻衣達帰ってきちゃうし材料無いし」
莉子「この間のヤツ、マイが全部食べちゃったの」と報告
直輝「マジで?」莉子「うん」と笑いのネタにされてました。
莉子「あっ、そうだ」と思い出して台所へ
莉子「ねぇ、コレ見て」とシールを集めて貰った 青いマグカップを取り出す
莉子「これが言ってたマグカップかわいいでしょ」直輝「うん かわいいね」
マグカップを戻す莉子(北川景子)、と、直輝(山下智久)の視線が川崎さんからプレゼントされた白い箱とリボンへ
直輝(山下智久)の視線に気が付いた莉子「川崎さんから」チョット動揺のヘタレ直輝(山下智久)が顔を出しそう?な感じ
莉子「でも、川崎さんに言った、好きな人がいるって」まだ動揺中の直輝(山下智久)の絵
莉子「それも返そうと思ったんだけど川崎さんアメリカに行っちゃって」
直輝「オレも」、、「川崎さん帰ってきたらチャント言うよ」、、「リコと付き合いたいって」
またまた、抱き合う二人。※ぉぃぉぃ、いつ逃げるんだよ現場から、帰ってきちゃうよ
直輝「だから、それまで[けじめ]って言うか」、、「あまり近づき過ぎないようにしよう」
抱かれたままの莉子「うん」
直輝「まわりにも気づかれないほうがイイと思うし」と世間体じゃなかった周りを気にするヘタレ直輝(山下智久)
莉子「じゃ、どうしたらいいの?」と甘えモード全快か?
直輝「いままで通り電話とか公園で会うとか」
莉子「うん」「わかった」と少し寂しそう、
直輝「心配」にたいして、首をゆっくり横に振る莉子「ううん」
莉子「幸せ過ぎてどうしていいのかわかんない」と幸せ全快宣言いただきました
またまた、抱き合う二人のシーン


ブザー・ビート#08 第八話 感想03 耳の良い莉子 独り言を聞き 紙飛行機でメアドを送信

抱き合う二人 莉子と直輝のシーンから、これまた手をつないで仲良くお買い物の二人 麻衣(貫地谷しほり)と秀治(溝端淳平)
秀治「でも、マイさん」
麻衣「ショック、ショックよ豆乳が売り切れなんて」と日傘を差しながら美容に気を使う麻衣(貫地谷しほり)様に対して
秀治「イヤ、そうじゃなくて、ホントに僕でいいんですか?」と自信が無いのか再確認
麻衣「あ〜あ、いいのかなぁ?」とテンション低めで答える麻衣(貫地谷しほり)様
秀治「えっ」と驚き、手を離してしまう秀治(溝端淳平) 君
麻衣「だってほら」と言いつつ、秀治(溝端淳平) の手を再びとる麻衣(貫地谷しほり)様
麻衣「わたしの理想の男性像とはかなり違うでしょ、すごーく頼りないし、一生音楽続けさせてくれるような収入も明らかに無いし」
秀治「はい」「おっしゃる通りです」と面目なさそう・・
麻衣「いいのかなぁ、本当に」と行った所で何かに気が付く麻衣(貫地谷しほり)
麻衣「あっ、アレ」と秀治(溝端淳平) に教える

公園に昨日から残したボールをバックにしまう直輝(山下智久)、と、窓の開く絵。
笑顔で手を振る莉子(北川景子) と 直輝(山下智久)の絵。
直輝「あっ、またメアド聞くの忘れた」と独り言で視聴者に説明してくれました
秀治(溝端淳平) と麻衣(貫地谷しほり)も目撃中の絵が一瞬出た後、音楽で使う譜面にメアドを書く莉子(北川景子)の絵。
笑顔で窓際に再登場の莉子(北川景子)、紙飛行機を飛ばす。
みごとストライク、紙は直輝(山下智久)のもとへ。
開く直輝、とメールを送る人が居るので、親指で頭を隠したメールアドレスが画面に表示されました
ちなみに 親指 24_rico_luv_vn @ かなぁ、まぁ誕生日だから0824_rico_luv_vnだけどその前がわからん。
白川0824莉子バイオリンって感じかなぁ?、まぁ、イイや。
※わざとメールアドレス画面に出して、自動返信メールとかで、マーケッティングとか販売戦略に使えないのかなぁ、、なんて思ったり。なんて話は置いといて、

直輝「耳良過ぎ」※あっ、視聴者向けの独り言と思っていたら、聞こえてたんだぁ、さすが莉子(北川景子)。
笑顔の莉子(北川景子)
直輝「ありがと」
頭に手をやり、二人の決めポーズ?。なんかいい感じですね。
直輝(山下智久)うれしそうに公園をあとにする。
それを覗き見していた二人、秀治(溝端淳平) と麻衣(貫地谷しほり)は、あわてて日傘にかくれ、作戦会議。
秀治「今、何か投げたのって莉子さんですよね?」
うなずきながら麻衣「どう言うこと?聞かなきゃ」秀治もうんうんって首を縦に振る。
麻衣「急いで聞き出さなきゃ・・」走り出す二人

直輝(山下智久)の真似をしながら莉子「「リコ」」と自分でつぶやきニヤケル危ない人、莉子(北川景子)の笑顔。
クッションを抱えながら、ニヤニヤ・ニタニタ・・そんな笑顔で、ベットから落ちる莉子(北川景子)
落ちたのになぜか(やはり)幸せそうな莉子(北川景子)の絵のあと、
自転車で快走中の山Pは腕を上げやった的な感じの絵
ジグザグ運転や足を開いたり、喜びを運転で表現?


これから、月末処理のバグ修正、、、修正後、続きをアップする予定、、、
※仕事のほうを先にしろよ、ドラマを少しみて、感想なんて書いてないで、、、
 と、見つかったらヤバイなぁ。まぁ、三流君が私だって知らないお客様だからイイのかなぁ?
 バレたら、「すごい余裕あるんですね」と言われそうだけど。
 なんて、書いてないで、バグを見ないと。※※すぐに修正して、再集計の間、ドラマの続きを見ないとなぁ(まだ言ってるよ、、はやくプログラム直せよ)

って、ことで、続きは、、、いつになるかわかりません。

続きは、PC版ブザー・ビートの感想記事の一覧を見る



携帯版ブザー・ビートの感想記事

をチェックしてみてください。よろしくお願いします。

続き、書きました。

  1. 第八話 感想04 暴露する金沢しおん(小松彩夏)と秘密にしたい直輝
  2. 第八話 感想05 絵文字メールの直輝 と ショートメールの莉子
  3. 第八話 感想06 秀治のボロ船? と バイトキャンセルの悲しい連絡
  4. 第八話 感想07 上矢家の親子三人 雑誌の特集記事で盛り上がる
  5. 第八話 感想08 直輝と莉子の楽しいボール遊び と それを見ていた菜月
  6. 第八話 感想09 ボストンの川崎さんとネットで楽しく話す選手達
  7. 第八話 感想10 [直輝が][直輝は]の連発で菜月が莉子に精神攻撃?
  8. 第八話 感想11 秀治の告白 と 麻衣の意地悪な台詞は照れ隠し?