三流君 ken3のmemo置き場

メモ置き場、保管庫として利用。まとまっていませんがヨロシク

挨拶・自己紹介:
失敗続きのAB型の変わり者 :三流プログラマー Ken3です
フリーのエンジニア・個人事業主です・・と書くと聞こえはイイが(それとなくカッコよく聞こえるが)、 現在は小さな案件の受注請負 と 短期派遣 で 日々つつましく?ほそぼそと暮らしてます。
(※詳細は[三流君 三流プログラマーとは?]を見てください)


広告:


XXXXXXさんへ JRA サイトから レース結果を取り込む

私のサンプルを改造した視聴者様から下記の質問をいただいたので、
チャレンジしてみたいと思います。

土曜日のレース中にテストチャレンジ
下記のグダグダ修正を笑ってくださいね。
JRA サイトから レース結果をExcelに取り込む・・・三流プログラマー の 独り言 ライブ プログラミングほか テスト中 - YouTube
www.youtube.com


下記の質問をいただきました。

JRAのオッズ取り込みを改造して
レース結果を取り込むことにチャレンジしていますが
中々、思うようにいきません

質問させていただきます
JRAのレース結果取り込みです
 (※前提として、競馬開催の当日で12Rまで終わっていない場合)
 最終レースまで終わっていないのに、1R~12Rまでループしてしまいます
 例えば10Rまでの結果ですと、11Rと12R(レース結果はまだなし)は、
 10Rの結果内容が、そのまま11Rと12Rに取り込まれてしまいます
 10Rまで終われば、次の開催地へ移行してほしいのですが
 強制的に1R~12Rまでエクセルに書き込んでいきます
 VBAがそうなっているのは、理解していますが修正がわかり兼ねます

②また、上記レース結果で『枠』(gif)が整数でないことからエクセルに
 書き込みされません

ここから、確認作業を開始する。

1.不具合の確認
Excel起動後、
コードを走らせて、
不具合を確認する。

結果の出ていないレース、発走前のレース処理がおかしかった。
枠の番号が取れていなかった。

2.修正
2.1 結果が出ていないレースを飛ばす処理

リンクをクリックするサブ関数で結果を
strRETURN = "見つからなかった" 'エラー文字で初期化
strRETURN = "クリックされた" 'OK文字
で返すように変更した。

'IEのリンクオブジェクトから文字列をInStrで探してクリックする
Function IE_Link_InnerHTML_InStr_Click(objIE As InternetExplorer, strINSTR As String) As String

    Dim i As Integer
    Dim objA As HTMLAnchorElement
    Dim strRETURN As String   'リターン値、戻り値


    'リンクから受け取った文字列を探して押す
    strRETURN = "見つからなかった"   'エラー文字で初期化
    For i = 0 To objIE.Document.Links.Length - 1
        '文字列を見つけたら クリック
        If InStr(objIE.Document.Links(i).innerHTML, strINSTR) > 0 Then '内側のHTML
            Set objA = objIE.Document.Links(i)  '見つけたAタグオブジェ(リンク)を代入
            objA.Click   '該当するリンクを押す
            'objA.FireEvent ("onClick")  'onClick イベントを発行
            strRETURN = "クリックされた"   'OK文字
            Exit For '見つけたのでループを抜ける
        End If
    Next i

    'リターン値をセットして関数を抜ける、値を返す
    IE_Link_InnerHTML_InStr_Click = strRETURN

End Function

メインの呼ぶ側で

     For nRACE = 1 To 12  '一から十二まで
        
        strRACE = nRACE & "レース"   '1レースなど 文字にする
    
        'リンクから該当するレースを探しクリックする "1レース".."12レース"
       strCLICK = IE_Link_InnerHTML_InStr_Click(objIE, """" & strRACE & """")
       'レース結果が無かったら抜ける※クリックされなかったら抜ける 2018/07/21
       If strCLICK = "見つからなかった" Then
            Exit For  'ループを抜ける
       End If

↑クリックされなかったら、ループを抜けるようにした。


2.2 結果の枠番がGIFファイルになっているので枠番を抜き出す対応

枠番の表示を調べると

img class="iconWakuImage" alt="枠2黒" src="/JRADB/img/keiba/waku2.gif">
img class="iconWakuImage" alt="枠3赤" src="/JRADB/img/keiba/waku3.gif">

と、
画像、.gifファイルで行っていたので、
innerHTMLから枠の文字を探し、枠番を取得した

                Cells(SET_Y, SET_X) = objCELL.innerText  'データセット

                '枠のGIFを処理する  2018/07/21
                If x = 1 Then  '二番目が枠
                    n = InStr(objCELL.innerHTML, "枠") '枠の文字を探す
                    '枠が必ず一文字1-8なので、次の数値を書き込む
                    If n > 0 Then
                        Cells(SET_Y, SET_X) = Mid(objCELL.innerHTML, n + 1, 1)
                    End If
                End If


下記、修正した
完成したソース全体

Option Explicit

Declare Sub Sleep Lib "kernel32" (ByVal dwMilliseconds As Long)

'IEオブジェクトを受け取り、表示を待つ
Sub IE_WAIT(objIE As InternetExplorer)

    Sleep 250  '0.25秒待つ

    'ページの表示完了を待ちます。
    While objIE.readyState <> READYSTATE_COMPLETE Or objIE.Busy = True '.ReadyState <> 4の間まわる。
        'DoEvents  '重いので嫌いな人居るけど。
        Sleep 200  '0.2秒待つ
    Wend

    Sleep 250  '0.25秒待つ

End Sub

'IEのリンクオブジェクトから文字列をInStrで探してクリックする
Function IE_Link_InnerHTML_InStr_Click(objIE As InternetExplorer, strINSTR As String) As String

    Dim i As Integer
    Dim objA As HTMLAnchorElement
    Dim strRETURN As String   'リターン値、戻り値


    'リンクから受け取った文字列を探して押す
    strRETURN = "見つからなかった"   'エラー文字で初期化
    For i = 0 To objIE.Document.Links.Length - 1
        '文字列を見つけたら クリック
        If InStr(objIE.Document.Links(i).innerHTML, strINSTR) > 0 Then '内側のHTML
            Set objA = objIE.Document.Links(i)  '見つけたAタグオブジェ(リンク)を代入
            objA.Click   '該当するリンクを押す
            'objA.FireEvent ("onClick")  'onClick イベントを発行
            strRETURN = "クリックされた"   'OK文字
            Exit For '見つけたのでループを抜ける
        End If
    Next i

    'リターン値をセットして関数を抜ける、値を返す
    IE_Link_InnerHTML_InStr_Click = strRETURN

End Function


''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''
'レース結果取り込み'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''
Sub ie_test_レース結果()  'JRA レース結果の取り込み

    Dim strCLICK As String  'クリックされたか判断

'IEの起動
    Dim objIE As InternetExplorer '変数を定義します。
    Set objIE = CreateObject("InternetExplorer.Application") 'オブジェクトを作成します。
    objIE.Visible = True      '可視、Trueで見えるようにします。
    
'表示位置(左上の座標)とサイズ(高さ・幅)を調整する
    objIE.FullScreen = False '※Trueのモードだとびっくりするよ
    objIE.Top = 0      '左上 上位置
    objIE.Left = 0     '左上 左位置
    objIE.Width = 800    '横幅
    objIE.Height = 600   '高さ
    
'XXXバー、外観・外枠の調整。
    objIE.Toolbar = True     'タブの切り替えで必要なので、ツールバーを表示にする
    objIE.MenuBar = False    'メニューは非表示にする
    objIE.AddressBar = True  'URLなど アドレスバーは確認のため、表示する
    objIE.StatusBar = True   '一番下のステータスバーを表示。

'JRA TOP ページの表示
    '処理したいページを表示します。
    objIE.navigate "http://www.jra.go.jp/"  '.Navigate メソッドで JRA表示する。

    Call IE_WAIT(objIE)   'ページの表示完了を待ちます。
    
'TOPページが表示されたので、表示された文章に対して、処理を行います。
       
    Dim i     As Integer '添え字 i番目などで使用
    Dim yLINE As Integer '行カウンタ、Y行目
    
    Dim oDocument As HTMLDocument
    Dim objA As HTMLAnchorElement

    Dim objTABLEs As Object 'TABLE複数の格納用
    Dim objTABLE As HTMLTable 'テーブル単体
    
    Dim x As Integer  '列の管理
    Dim y As Integer  '行の管理
    
    Dim SET_Y As Integer  'Excel側のセット位置
    Dim SET_X As Integer  'Excel側のセット位置
    
    Dim objCELL As HTMLTableCell

    Dim nRACE As Integer   'レース 1-12
    Dim strRACE As String  '文字列 1Rなどを作るため

    Dim strWAKU As String
    Dim n As Integer


'リンクからレース結果を押す
    Call IE_Link_InnerHTML_InStr_Click(objIE, "レース結果")
    Call IE_WAIT(objIE)   'ページの表示完了を待ちます。

'開催日を探す
    Dim strJYOBOX(10) As String
    Dim j As Integer
    
    
    '開催日のリンクをあさる
    j = 0
    For i = 0 To objIE.Document.Links.Length - 1
        '右端の"日"を条件に判断する
        If Right(objIE.Document.Links(i).innerText, 1) = "日" Then '内側のTEXT
           Set objA = objIE.Document.Links(i)  '見つけたAタグオブジェ(リンク)を代入
           Debug.Print objA.innerText
           strJYOBOX(j) = objA.innerText
           strJYOBOX(j + 1) = "END"
           j = j + 1
         End If
    Next i

    If j = 0 Then  'エラーのチェック
        MsgBox "開催日が見つかりません、"
        Exit Sub
    End If



'出力先をクリアする
    'まず、書き込み先シート、データをクリアする

    
        Cells.Select
    Selection.Delete Shift:=xlUp
  'シート全体を削除する
    

    
    Columns("L:L").Select
    Selection.NumberFormatLocal = "@"  '文字列表示
    Range("A1").Select       '先頭A1を選択する、

    SET_Y = 0  'セット位置を初期化

'場所単位のループ
j = 0
While strJYOBOX(j) <> "END"  'ENDになるまで

    '開催日のリンクをあさる
    Set objA = Nothing
    For i = 0 To objIE.Document.Links.Length - 1
        '開催場所を条件に判断する
        If objIE.Document.Links(i).innerText = strJYOBOX(j) Then '内側のTEXT
           Set objA = objIE.Document.Links(i)  '見つけたAタグオブジェ(リンク)を代入
           objA.Click   '開催日を押す
           Exit For '見つけたのでループを抜ける
        End If
    Next i
    
    If objA Is Nothing Then
        MsgBox strJYOBOX(j) & " リンクが見つかりませんでした"
        Exit Sub
    End If

    Call IE_WAIT(objIE)   'ページの表示完了を待ちます。


    
     For nRACE = 1 To 12  '一から十二まで
        
        strRACE = nRACE & "レース"   '1レースなど 文字にする
    
        'リンクから該当するレースを探しクリックする "1レース".."12レース"
       strCLICK = IE_Link_InnerHTML_InStr_Click(objIE, """" & strRACE & """")
       'レース結果が無かったら抜ける※クリックされなかったら抜ける 2018/07/21
       If strCLICK = "見つからなかった" Then
            Exit For  'ループを抜ける
       End If
       
       Call IE_WAIT(objIE)

        'レース番号をセルに書く
        SET_Y = SET_Y + 1
        Cells(SET_Y, 1) = strJYOBOX(j)
        Cells(SET_Y, 2) = strRACE

    
        '単勝の表を取り込む
        '表、テーブルを探る
        'テーブルを探す
        'タグの取出しが、.getElementsByTagName("TABLE")で 可能なので、
        
        'TABLEタグを抜き 複数のテーブルをセット
        Set objTABLEs = objIE.Document.getElementsByTagName("TABLE")
        '↑で代入したオブジェクトからテーブルデータを取り出す。
        
        Set objTABLE = Nothing  'オブジェクトを空にする
        For i = 0 To objTABLEs.Length - 1  'テーブル数分回す
            If objTABLEs(i).Rows(0).Cells(0).innerText = "着順" Then '左上が着順を見つける
                Set objTABLE = objTABLEs(i)  'i盤目を代入
                Exit For
            End If
        Next i
        
          
        
        '↑で見つかったかチェックする
        If objTABLE Is Nothing Then
            MsgBox "着順のテーブルが見つかりません"
            Exit Sub  'エラー表示して抜ける
        End If
        
        
        '表をDATAシートに書き出す
        
        'Webの表をシートへ転記(代入する)
        For y = 0 To objTABLE.Rows.Length - 1  '行のループ
        
        'X 3列目から書き始め
        
            SET_X = 3
            For x = 0 To objTABLE.Rows(y).Cells.Length - 1  '列数分ループ
                ' objTABLE.rows(行).cells(列)
                Set objCELL = objTABLE.Rows(y).Cells(x)
                
                
                '結合セル、枠などに対応
                If objCELL.rowSpan > 1 Then  '縦に複数の時
                    Cells(SET_Y + 1, SET_X) = objCELL.innerText  '下にも同じくセット
                    'ホントはループがいいけど、一枠に三頭までなので
                    If objCELL.rowSpan = 3 Then  '3頭め 8枠18番など・・
                        Cells(SET_Y + 2, SET_X) = objCELL.innerText
                    End If
                End If

                '既にデータありか、縦に結合されているか?
                If Len(Trim("" & Cells(SET_Y, SET_X))) > 0 Then
                    SET_X = SET_X + 1  '縦結合を飛ばすために横に移動
                End If

                Cells(SET_Y, SET_X) = objCELL.innerText  'データセット

                '枠のGIFを処理する  2018/07/21
                If x = 1 Then  '二番目が枠
                    n = InStr(objCELL.innerHTML, "枠") '枠の文字を探す
                    '枠が必ず一文字1-8なので、次の数値を書き込む
                    If n > 0 Then
                        Cells(SET_Y, SET_X) = Mid(objCELL.innerHTML, n + 1, 1)
                    End If
                End If

                Cells(SET_Y, SET_X).Select
                DoEvents

                '横に結合されているか判断じゃなかった、横にカラム分移動
                SET_X = SET_X + objCELL.colSpan  '横に移動 通常は1 結合なし
            Next
            SET_Y = SET_Y + 1
        Next
        SET_Y = SET_Y + 1  '空白を一行追加
    Next

    j = j + 1  '次の場所へ

    '開催日選択にもどす
    'リンクから開催日選択を押す
    Call IE_Link_InnerHTML_InStr_Click(objIE, "開催選択へ戻る")
    Call IE_WAIT(objIE)   'ページの表示完了を待ちます。

Wend


'処理が終わったので、IEを閉じます。
    'テストの時は、↓確認して、残しておくと便利ですよ。
    If MsgBox("IEを閉じますか?", vbYesNo) = vbYes Then '終了確認
        objIE.Quit  '.Quitで閉じる
    End If
    
    Set objIE = Nothing '使用したオブジェクト変数もキレイにしてね。
   
   
       Cells.Select
    Cells.EntireColumn.AutoFit
End Sub


修正方法はイロイロとあると思いますが、
アレンジして使ってみてください。
何かの参考となれば幸いです。 三流プログラマー Ken3

土曜日のレース中にテストチャレンジ
下記のグダグダ修正を笑ってくださいね。
JRA サイトから レース結果をExcelに取り込む・・・三流プログラマー の 独り言 ライブ プログラミングほか テスト中 - YouTube
www.youtube.com

Ken3 ホームページ 目次

分類:HPを大きく分けると4つの柱(分類)です。
・[Excel/Access VBA]の解説
・[ASP(Active Server Pages)]の解説。
・[元コンビニ店長時代の話]が弟に巻き込まれ、失敗した脱サラ、畑違い?の仕事で失敗。
・[プログラマーの愚痴]では、あまり見せたくない三流プログラマーの内面かな。
三流君を踏み台にする
主に上記4つの分類でHP作成やメルマガの発行を行ってます。
※更新頻度が落ちていて情報の鮮度が悪いです。

三流解説動画の再生リスト
https://www.youtube.com/user/ken3video/playlists

本当に三流なんです(笑):たまにスゴイですねなんて言われることもありますが、
真実は→ [三流君の真実は...] ←を初めに見てくださるとわかると思います。
(からくりは、成功例↑しか載せてなくて ヒドイ失敗例はお蔵入り迷宮入りが多かったりします)