三流君 ken3のmemo置き場

メモ置き場、保管庫として利用。まとまっていませんがヨロシク

挨拶・自己紹介:
失敗続きのAB型の変わり者 :三流プログラマー Ken3です
フリーのエンジニア・個人事業主です・・と書くと聞こえはイイが(それとなくカッコよく聞こえるが)、 現在は小さな案件の受注請負 と 短期派遣 で 日々つつましく?ほそぼそと暮らしてます。
(※詳細は[三流君 三流プログラマーとは?]を見てください)


広告:


[記事一覧、バックナンバーを見る]

Excel Formから起動済みのIEを選択 Bodyの値を取得するテスト

XXXXXさんより、下記の質問が来ました。

> 【VBA IE操作】テーブル単体を取り出す  にて勉強中の老人です。
> 上記サンプルはURLを記述して表示して
>WEBページにテーブルの内容を取得しておりますが、
>当方も目的はページを次から次に切り替えて
>その都度にテーブルの内容をEXCLEに蓄積したいと思っ
> てます。(手動で開いたページのテーブル等)

と、
既存IEを手動で操作して、データを抜く、
そんな質問が来たので、
初めの一歩として、

今回は、テストで起動済みのIEを探し、
グローバル変数に入れておき、
コンボボックスで選択
Bodyタグの テキストとHTMLをテストで表示してみます。

いつもの 酔っ払い フラフラ解説動画・・・
Excel VBA UserForm から起動済みのIEを選択 Bodyの値を取得するテスト【三流君】 - YouTube
www.youtube.com

過去に作成した
ken3memo.hatenablog.com

Sub aaa()

    'オブジェクトを格納する変数
    Dim objShell As Object, objWindow As Object

    'シェルのオブジェクトを作成する
    Set objShell = CreateObject("Shell.Application")
    
    'ウインドウの数だけまわすぞ
    For Each objWindow In objShell.Windows
        'TypeNameでオブジェクト変数のタイプを表示する
        MsgBox "タイプは:" & TypeName(objWindow.document)
        Debug.Print "タイプは:" & TypeName(objWindow.document)
        'HTMLDocumentだったら
        If TypeName(objWindow.document) = "HTMLDocument" Then
            'URLとタイトルを表示する
            MsgBox "IEみつけたよ" & objWindow.document.Title
            Debug.Print "タイトル:" & objWindow.document.Title
            Debug.Print "URL:" & objWindow.document.URL
        End If
    Next
    Set objShell = Nothing

End Sub

↑を参考に

コンボボックスにIEタイトルとURLをセット、
ついでに
グローバル変数に見つけたIEオブジェクトをセットする
Dim IE As InternetExplorer
Dim IE_BOX(10) As Object ←ここにセット、保管してみる

Private Sub btnIE探す_Click()
    'オブジェクトを格納する変数
    Dim objShell As Object, objWindow As Object
    Dim n As Integer

    Me.cbIELIST.Clear  '選択用のコンボボックスをクリア、初期化

    'シェルのオブジェクトを作成する
    Set objShell = CreateObject("Shell.Application")
    
    'ウインドウの数だけまわすぞ
    n = 0
    For Each objWindow In objShell.Windows
        'TypeNameでオブジェクト変数のタイプを表示する
        Debug.Print "タイプは:" & TypeName(objWindow.document)
        'HTMLDocumentだったら
        If TypeName(objWindow.document) = "HTMLDocument" Then
            'URLとタイトルをコンボボックスへ追加
            Me.cbIELIST.AddItem "IE(" & n & "):Title=" & objWindow.document.Title & "):URL=" & objWindow.document.Url
            Debug.Print "タイトル:" & objWindow.document.Title
            Debug.Print "URL:" & objWindow.document.Url
            'IEを保存 代入する
            Set IE_BOX(n) = objWindow   '配列に保存しておく
            'nカウンタを増やす
            n = n + 1
            If n = 9 Then Exit For  'MAX9個までとする
        End If
    Next
    Set objShell = Nothing

End Sub

↑で、
IE_BOX(10) に オブジェクト

コンボボックス cbIELIST に タイトルとURL
を保存して、

コンボボックスが変わったイベントで、

'コンボボックスでIEが選択されたら
Private Sub cbIELIST_Change()

    Debug.Print Me.cbIELIST.ListIndex & "番目を選択"
    
    '未選択のチェック
    If Me.cbIELIST.ListIndex = -1 Then
        Me.Caption = "未選択 IEを選択してください" 'Formタイトルバーに未選択を表示
        Exit Sub  '関数を途中で抜ける
    End If
    
    '選択されたら、
    Set IE = IE_BOX(Me.cbIELIST.ListIndex) '選択されたn番目のIEを代入する
    
    Me.Caption = Me.cbIELIST.Text  '選択されたコンボボックス値をFormタイトルへ
    Me.txtINFO.Text = Me.cbIELIST.Text & " を 選択しました"
    
End Sub

'選択されたら、
Set IE = IE_BOX(Me.cbIELIST.ListIndex) '選択されたn番目のIEを代入する
で、指定してもらい、

テストのボタン

Private Sub btnBODY_InnerTEXT_Click()
    
    Dim objBODY As HTMLBody
    
    If IE Is Nothing Then Exit Sub  'IEの中身が無ければ関数を抜ける
    
    Set objBODY = IE.document.body  'Document.Bodyを変数に代入
    
    Me.txtINFO.Text = objBODY.innerText   '.Innertxtの値をテキストボックスへ

End Sub

Private Sub btnBODY_OuterHTML_Click()
    Dim objBODY As HTMLBody
    
    If IE Is Nothing Then Exit Sub  'IEの中身が無ければ関数を抜ける
    
    Set objBODY = IE.document.body  'Document.Bodyを変数に代入
    
    Me.txtINFO = objBODY.outerHTML  '.outerHTMLの値をテキストボックスへ

End Sub

↑BODYのInnerTEXT と OuterHTMLをセットしてみました。


完成したソース・・・

Dim IE As InternetExplorer
Dim IE_BOX(10) As Object

Private Sub btnBODY_InnerTEXT_Click()
    
    Dim objBODY As HTMLBody
    
    If IE Is Nothing Then Exit Sub  'IEの中身が無ければ関数を抜ける
    
    Set objBODY = IE.document.body  'Document.Bodyを変数に代入
    
    Me.txtINFO.Text = objBODY.innerText   '.Innertxtの値をテキストボックスへ

End Sub

Private Sub btnBODY_OuterHTML_Click()
    Dim objBODY As HTMLBody
    
    If IE Is Nothing Then Exit Sub  'IEの中身が無ければ関数を抜ける
    
    Set objBODY = IE.document.body  'Document.Bodyを変数に代入
    
    Me.txtINFO = objBODY.outerHTML  '.outerHTMLの値をテキストボックスへ

End Sub

'コンボボックスでIEが選択されたら
Private Sub cbIELIST_Change()

    Debug.Print Me.cbIELIST.ListIndex & "番目を選択"
    
    '未選択のチェック
    If Me.cbIELIST.ListIndex = -1 Then
        Me.Caption = "未選択 IEを選択してください" 'Formタイトルバーに未選択を表示
        Exit Sub  '関数を途中で抜ける
    End If
    
    '選択されたら、
    Set IE = IE_BOX(Me.cbIELIST.ListIndex) '選択されたn番目のIEを代入する
    
    Me.Caption = Me.cbIELIST.Text  '選択されたコンボボックス値をFormタイトルへ
    Me.txtINFO.Text = Me.cbIELIST.Text & " を 選択しました"
    
End Sub

Private Sub btnIE探す_Click()
    'オブジェクトを格納する変数
    Dim objShell As Object, objWindow As Object
    Dim n As Integer

    Me.cbIELIST.Clear  '選択用のコンボボックスをクリア、初期化

    'シェルのオブジェクトを作成する
    Set objShell = CreateObject("Shell.Application")
    
    'ウインドウの数だけまわすぞ
    n = 0
    For Each objWindow In objShell.Windows
        'TypeNameでオブジェクト変数のタイプを表示する
        Debug.Print "タイプは:" & TypeName(objWindow.document)
        'HTMLDocumentだったら
        If TypeName(objWindow.document) = "HTMLDocument" Then
            'URLとタイトルをコンボボックスへ追加
            Me.cbIELIST.AddItem "IE(" & n & "):Title=" & objWindow.document.Title & "):URL=" & objWindow.document.Url
            Debug.Print "タイトル:" & objWindow.document.Title
            Debug.Print "URL:" & objWindow.document.Url
            'IEを保存 代入する
            Set IE_BOX(n) = objWindow   '配列に保存しておく
            'nカウンタを増やす
            n = n + 1
            If n = 9 Then Exit For  'MAX9個までとする
        End If
    Next
    Set objShell = Nothing

End Sub

Private Sub btn閉じる_Click()
    Unload Me       '自分自身を閉じる
End Sub

↑こんな感じで、小細工ですが、既存のIEからデータを抜けそうです。
次回は、テーブルを指定して、
さらに絞り込みたいと思っていますが・・・
先は長いかなぁ・・・

サンプルファイルは
http://ie.vba-ken3.jp/test/Book20170807.zip
に保存しておきました。アレンジして使ってみてください。

何かの参考となれば、幸いです。 三流プログラマー Ken3




三流君へ メッセージを送る

全ての質問に答えることはできませんが、
ダメもとで、気軽に質問、感想、メッセージを送ってくださいね・・・

感想や質問・要望・苦情など 三流君へメッセージを送る。
下記のフォームからメッセージを送ることができます。


あなたのお名前(ニックネーム):さん
返信は?:

アドレス:に返事をもらいたい
感想や質問↓:


(感想や質問・要望・苦情はHPで記事に載せることがあります。)
例:[XXXXさんへ回答例]←みたいに回答していたり...


Ken3 ホームページ 目次

分類:HPを大きく分けると4つの柱(分類)です。
・[Excel/Access VBA]の解説
・[ASP(Active Server Pages)]の解説。
・[元コンビニ店長時代の話]が弟に巻き込まれ、失敗した脱サラ、畑違い?の仕事で失敗。
・[プログラマーの愚痴]では、あまり見せたくない三流プログラマーの内面かな。
三流君を踏み台にする
主に上記4つの分類でHP作成やメルマガの発行を行ってます。
※更新頻度が落ちていて情報の鮮度が悪いです。

三流解説動画の再生リスト
https://www.youtube.com/user/ken3video/playlists

本当に三流なんです(笑):たまにスゴイですねなんて言われることもありますが、
真実は→ [三流君の真実は...] ←を初めに見てくださるとわかると思います。
(からくりは、成功例↑しか載せてなくて ヒドイ失敗例はお蔵入り迷宮入りが多かったりします)