三流君 ken3のmemo置き場

メモ置き場、保管庫として利用。まとまっていませんがヨロシク



JRA IPATで情報を取得 7.1 テーブルのソースを探る

テーブルのソースを確認したかったので、
表示済みのIEを探し、
.getElementsByTagName("TABLE")を使用して、テーブルを集めて、
Set objTABLE = objIE.Document.getElementsByTagName("TABLE")
.Lengthで個数のチェック、
中身(.OuterHTML)をWscript.ECHOで出力してみました。

操作・確認手順の動画 : http://www.youtube.com/watch?v=gp64Z5XLte4

'起動済みの IPAT情報メインメニュー を 探す

    'シェルのオブジェクトを作成する
    Set objShell = CreateObject("Shell.Application")

    Set objIE = Nothing    
    'ウインドウの数だけまわすぞ
    For Each objWindow In objShell.Windows
        'TypeNameでオブジェクト変数のタイプを表示する
        'HTMLDocumentだったら
        If TypeName(objWindow.document) = "HTMLDocument" Then
           'URLをチェックする(アドレスを探す)
           If InStr(objWindow.document.URL, "info.ipat.jra.go.jp/p/s") > 0 Then
               Set objIE = objWindow '見つけたウインドウを(IE)を代入
               Exit For   
           End IF
        End If
    Next
    Set objShell = Nothing

    '見つけたかチェック
    If objIE Is Nothing Then
        msgbox "エラー IPAT情報 オッズ画面が 見つかりません"
        wscript.quit
    End If   

'テーブルを抜き出す

    'TABLEのタグを集める .getElementsByTagName("TABLE")を使用
    Set objTABLE = objIE.Document.getElementsByTagName("TABLE")

    Wscript.ECHO "TABLEのタグは " & objTABLE.Length & "個です。"  

    'ループで頭から 中身を表示してみる
    For n = 0 To objTABLE.Length - 1
        Wscript.ECHO n & "番目 .id=" & objTABLE(n).id  '名前の確認
        Wscript.ECHO objTABLE(n).OuterHTML
    Next

    Set objTABLE = Nothing  'オブジェクト変数解放
4番目 .id=

<TABLE border=0 cellPadding=2><TBODY>
<TR>
<TD class=top>

<TABLE border=0 cellSpacing=2 cellPadding=2>
<TBODY>
<TR>
<TH class=title6>枠番</TH>
<TH class=title6>馬番</TH>
<TH class=title6>馬名</TH>
<TH class=title6>単勝</TH>
<TH class=title6 colSpan=3>複勝</TH></TR>

<TR class=bgccffcc>

<TH>
<TABLE border=0 cellSpacing=0 cellPadding=0 width="100%">
<TBODY>

JRA IPAT単勝オッズ取得 開発の流れ と 全体の流れ

JRA IPAT 単勝オッズの取り込み - 三流君ken3のひとりグループ
http://ken3hitori.g.hatena.ne.jp/bbs/30
↑の流れを見て、笑ってください・・・
JRA IPATを操作する他のサンプル・類似処理は、
JRA IPAT ログイン処理
JRA IPAT 入金処理 - 三流君ken3のひとりグループ
です。また、VBA IE操作の解説は
三流君VBAでIE操作 InternetExplorer.Applicationを操作する
で細々やっているので、よかったらお時間のある時にのぞきにきてください。