読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三流君 ken3のmemo置き場

メモ置き場、保管庫として利用。まとまっていませんがヨロシク



Outlook VBA ActiveExplorer.Selection 選択されているアイテムを知りたい

Outlookで現在選択されているアイテムを知るには、
ActiveExplorer.Selection
から探るといいかも。

アイテムの数は

? Application.ActiveExplorer.Selection.Count
1
で、選択されているアイテムの数がわかります。
(選択されている数、ctrl+クリックで複数選択可能なので2とか複数返ることがある)

アイテムの種類

次に選択されているのが、どの種類のアイテム(メール,仕事,予定,連絡先)を知りたかったので、
1番目のアイテムのタイプを表示させてみます。

? typename(Application.ActiveExplorer.Selection.Item(1))
MailItem

など、.Item(1)TypeName関数で探ると、型の名前が返ってきます。

あとは、目的(使用したいアイテム)の型を宣言して
Dim cITEM As ContactItem '連絡先
Dim tITEM As TaskITEM 'タスク、仕事
Dim mITEM As MailItem 'メール アイテム
Dim aITEM As AppointmentItem '予定、アポ アイテム
みたいに、型宣言すると、プロパティやメソッドが探りやすいです。

値を取り出したり、使用するときは、
Set oITEM = Application.ActiveExplorer.Selection.Item(1)
とすると、oITEM.XXXX で 使いやすいと思います。

探りかた、操作動画

いつもの、
途中で固まったり 右往左往・迷ったりしている酔っ払い動画です。
Outlook VBA 現在選択されているアイテムを探る テスト - YouTube

↑最後、キャプチャーソフトが途中で止まってしまいましたが、気にしないでください。

テストのコード

下記、テストのコードです。
いろいろと変更して、遊んでみてください。

'現在選択されているアイテムをテストで表示する
Sub chkITEM_TEST()

    Dim cITEM As ContactItem      '連絡先
    Dim tITEM As TaskITEM         'タスク、仕事
    Dim mITEM As MailItem         'メール アイテム
    Dim aITEM As AppointmentItem  '予定、アポ アイテム

    Dim nSelectCNT As Integer     '選択されている数、ctrl+クリックで複数選択可能なので
    Dim n As Integer  'ループのカウンター

    nSelectCNT = Application.ActiveExplorer.Selection.Count '選択された件数

    '選択されているアイテムのプロパティの一部をテストで表示する
    Debug.Print "選択されている件数は " & Application.ActiveExplorer.Selection.Count & " 件です。"
    
    Debug.Print "TYPEは " & TypeName(Application.ActiveExplorer.Selection.Item(1))
    Select Case TypeName(Application.ActiveExplorer.Selection.Item(1))
        Case "MailItem"  'メール
            For n = 1 To nSelectCNT  '配列が1からなので注意?
                Debug.Print n & "番目 item(n)"
                Set mITEM = Application.ActiveExplorer.Selection.Item(n) 'n番目のitemをセットする
                Debug.Print mITEM.Subject  '件名
                Debug.Print mITEM.To  '宛先
                Debug.Print mITEM.Body  '本文
                            '↑他にも 値、プロパティがあるけど、テストで表示
            Next n
        
        Case "TaskItem"  'タスク、仕事
            For n = 1 To nSelectCNT  '配列が1からなので注意?
                Debug.Print n & "番目 item(n)"
                Set tITEM = Application.ActiveExplorer.Selection.Item(n) 'n番目のitemをセットする
                Debug.Print "件名:" & tITEM.Subject '件名
                Debug.Print "本文:" & tITEM.Body    '本文
                            '↑他にも 値、プロパティがあるけど、テストで表示
            Next n
    
        Case "AppointmentItem"  '予定、アポ
            For n = 1 To nSelectCNT  '配列が1からなので注意?
                Debug.Print n & "番目 item(n)"
                Set aITEM = Application.ActiveExplorer.Selection.Item(n) 'n番目のitemをセットする
                Debug.Print "件名" & aITEM.Subject  '件名
                Debug.Print "本文" & aITEM.Body     '本文
                            '↑他にも 値、プロパティがあるけど、テストで表示
            Next n
    
        Case "ContactItem"  '連絡先
            For n = 1 To nSelectCNT  '配列が1からなので注意?
                Debug.Print n & "番目 item(n)"
                Set cITEM = Application.ActiveExplorer.Selection.Item(n) 'n番目のitemをセットする
                Debug.Print cITEM.Email1Address   'メールアドレス1
                Debug.Print cITEM.YomiCompanyName
                Debug.Print cITEM.CompanyName
                
                Debug.Print cITEM.YomiLastName
                Debug.Print cITEM.LastName
                Debug.Print cITEM.YomiFirstName
                Debug.Print cITEM.FirstName
                            '↑他にも 値、プロパティがあるけど、テストで表示
            Next n
        
        Case Else
            Debug.Print "その他、メモなど?"
    End Select

End Sub


終わりの挨拶

選択されたアイテムを取得できそうなので、
連絡先からデータをひっぱってきて、他のアイテム作成(CreateITEM)が可能になるかなぁ?
次は、ハマらないで完成するといいなぁ(笑)