三流君 ken3のmemo置き場

メモ置き場、保管庫として利用。まとまっていませんがヨロシク

挨拶・自己紹介:
失敗続きのAB型の変わり者 :三流プログラマー Ken3です
フリーのエンジニア・個人事業主です・・と書くと聞こえはイイが(それとなくカッコよく聞こえるが)、 現在は小さな案件の受注請負 と 短期派遣 で 日々つつましく?ほそぼそと暮らしてます。
(※詳細は[三流君 三流プログラマーとは?]を見てください)


広告:


[記事一覧、バックナンバーを見る]

実験 マジすか学園2 第9話 の ネタバレ,ストーリー,感想 や 動画を探す

マジすか学園2 第9話 の 公式ストーリー や ネタバレ,感想,動画を探してみました。
※単純に検索条件を書いたリンクを作成しただけです。

まずは、基本の公式HP

マジすか学園2 #09「たった一人のマブダチ」
http://www.tv-tokyo.co.jp/majisuka2/story/story09.html

↑、あまりネタバレしてないけど、公式ページの予告を押さえておく。

感想を探す

書き込んでから 実際に表示されるまでタイムラグがあるけど、
公式ページの感想は

BBS 掲示板
http://www.tv-tokyo.co.jp/majisuka2/bbs/index.html

↑に熱いファンのメッセージが書いてあるかなぁ。※あまり熱すぎるとスタッフチェックで消されているかも?

あとは、マジすか学園2 感想 を キーワードにGoogleで探す
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%81%99%E3%81%8B%E5%AD%A6%E5%9C%922+%E6%84%9F%E6%83%B3&hl=ja&safe=off&tbs=qdr:d
↑ついでに更新が24時間以内のオプションを付けて検索してみた。

次は、マジすか学園2 ネタバレ を キーワードにダメ元でネタバレ情報を検索
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%81%99%E3%81%8B%E5%AD%A6%E5%9C%922+%E3%83%8D%E3%82%BF%E3%83%90%E3%83%AC&hl=ja&safe=off&tbs=qdr:d
↑まぁ、期待しないで探してみてください。

Youtubeで動画を探すには

放送されていない地域のファン様たちが動画を探していると思うので、

↓アップロード順 の オプションを付けて、最新動画をYouTubeから検索する。
http://www.youtube.com/results?search_type=videos&search_query=%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%81%99%E3%81%8B%E5%AD%A6%E5%9C%922&search_sort=video_date_uploaded&suggested_categories=24&uni=3
↑※単純にアップロードの順番で検索された動画を探すだけですが、動画を探している人は使ってみてください。

9話 の ネタバレ台詞と感想 リンク

テスト動画 マジすか学園2 第9話 の ネタバレ感想と台詞 チラシの裏

http://www.youtube.com/watch?v=FZv4mAWsOFk

TEXTの台詞は http://d.hatena.ne.jp/ken3memo/20110611 を見てください。
チラシの裏マジすか学園2 第9話 #09「たった一人のマブダチ」 のネタバレ 感想と名台詞を抜き出して、スクロール表示させただけです。
※音楽もありません。
役名やセリフの聞きとりと書き出し(漢字含め)が間違っている場合があるかもしれませんが....よろしくお願いします。

台詞抜き出し 元データ

字幕表示モードで、セリフの聞きとりと書き出し
この後、役名 と 状況、感想を書き足す。

マジすか学園2 第9話 #09「たった一人のマブダチ」

「」
「(ネズミ)ごめん センター。」
「」
「」
「ごめん…。」
「」
「ごめん センター。」
「」
「」
「罠にハメられちゃって。」
「」
「《センター:待ってろ ネズミ!》」
「」
「(ネズミ)皆さん うちのセンターはマジで強いっす。」
「」
「でも ほとんどの場合」
「短時間で勝負がついてるっす。」
「」
「ということは スタミナは未知数。」
「」
「つまり センターを倒す必勝法は 時間稼ぎ。」
「」
「これだけの人数がいるんすから じわじわいきましょう。」
「」
「」
「1対… これだけ!」
「」
「」
「(一同)お〜っ!」
「」
「」
「」
「日が暮れる頃には 足も止まる。」
「」
「自信過剰は 命取りっす。」
「」
「(まりやぎ)」
「疲れるのを待つってことか?」
「」
「」
「眠らないライオンは」
「いないってことで。」
「」
「(カムバック)ナメんなよ!」
「」
「」
「俺は地獄の底から戻ってきた。」
「」
「」
「カムバックだ!」
「」
「(まゆげ)おめえは どうする?」
「」
「」
「高みの見物。」
「」
「(3色)そりゃ 虫がよすぎんだろ?」
「」
「」
「てか ダチの痛みは共有しようぜ!」
「」
「」
「ちょっと なんすか?」
「」
「おらぁ!」
「」
「」
「ちょっと 待ってくださいっすよ。」
「」
「」
「あっしは」
「」
「矢場久根さんの味方っす。」
「」
「あ? マジ女の人間は 死ぬまで マジ女なんだよ。」
「」
「どうしたんすか? 急に。」
「」
「ダチを売るヤツは最低だってことだ。」
「」
「ダチとか友情とか」
「仲よしこよしが大嫌いなんすよ。」
「」
「おめえ いじめられっ子だったろ?」
「」
「」
「おりゃ!」
「」
「いじめっ子っす。」
「」
「テメエは センター釣るための」
「エサだったんだよ!」
「」
「」
「なるほど。」
「」
「まさか 俺たちのこと」
「利用してるつもりだった? ハハッ!」
「」
「」
「世の中 バカは利用されるように」
「できてるんすよ。」
「」
「」
「やっちまえ!」
「」
「《ネズミ… ネズミ ネズミ!》」
「」
「」
「(前田)マジ女 気合い入れてくぜ!」
「」
「」
「死ね!」
「おらぁ!」
「」
「」
「それ よこせ。」
「」
「」
「おい!」
「」
「おらぁ!」
「」
「」
「うっ!」
「」
「ほら… 追い詰められたネズミの」
「なんとかって ことわざあったろ。」
「」
「」
「猫は こたつで丸くなる?」
「」
「猫に こんばんは?」
「(笑い声)」
「」
「」
「」
「」
「窮鼠… 猫を噛む。」
「」
「にゃあ!」
「」
「バカは 言われたとおりに」
「やってりゃいいんだよ!」
「」
「チューチュー チューチュー うるせぇんだよ!」
「」
「(センター)ネズミ!」
「」
「」
「私が相手だ。」
「」
「こんなクソみてえなヤツのために」
「助けにきたか。」
「」
「」
「めでてえヤツだよ。」
「」
「何人 兵隊集めようがな…。」
「」
「」
「ダチに手ぇ出したら」
「許しちゃおかねえ!」
「」
「コイツも やっちまいな!」
「」
「」
「センター…。」
「」
「((お父さん やめて!))」
「」
「((お母さん ひとりにしないで!))」
「」
「」
「ひとりにしないで…。」
「」
「(一同)おらぁ〜っ!!」
「」
「」
「ネズミ…。」
「」
「ひとりにするかよ。」
「」
「安っぽい学園ドラマだな!」
「」
「」
「偏差値30は黙ってな。」
「」
「お前がケンカするのを初めて見たぜ。」
「」
「勝てないケンカは初めてだよ。」
「」
「」
「(センター/ネズミ)おぉ〜!!」
「」
「(寒ブリ)やっべぇ…。」
「」
「」
「フォンデュ 集合?」
「」
「いや… 意味ねえ。」
「」
「(パトカーのサイレン)」
「」
「」
マッポだ! マッポが来たぞ!!」
「」
「」
マッポ?」
「」
「てめぇら 命拾いしたな。」
「」
「」
マッポが怖くて ケンカができるか!」
「」
「唇 切れてるぞ。」
「」
「」
「帰ろう。」
「」
「(シブヤ)どうした? 誰にやられた?」
「」
「」
「やられたんじゃないっすよ。」
「」
「」
「やったんです。」
「」
「ネズミとセンターのガキ」
「痛めつけてやりましたよ。」
「」
「」
「なんだと?」
「」
「あれ? ほめてくれないんすか?」
「」
「」
「」
「マジ女の次世代 潰したのに。」
「頼んだか?」
「」
「シブヤさんに」
「喜んでもらえると思って。」
「」
「」
「テメエらは兵隊だろ!」
「」
「兵隊っすよ。 矢場久根の。」
「」
「」
「アンタは」
「どっちの旗 振ってるんすか?」
「」
「まだ こっち痛いんで 殴るなら」
「反対側にしてもらえません?」
「」
「」
「注文が多すぎんだよ!」
「」
「」
「「前田 前田!」に」
「つきあわされてる」
「こっちの身にもなってくださいよ。」
「」
「」
「リーダーが そんなんじゃ」
「若いもんに示しがつかないっすよ。」
「」
「腹 くくってくださいよ!」
「(カムバック)シブヤさん!」
「」
「アンタは」
「どっちの校章つけてるんすか?」
「」
「矢場久根っすか?」
「マジ女っすか?」
「」
「うっ!」
「」
「」
「うるせぇんだよ!」
「」
「指図してんじゃねえよ!」
「」
「」
「リーダー? 引っ張る?」
「んなこと知らねえよ!」
「」
「なに そこに立ってんだよ!」
「」
「」
「(ダンス)踊りますか?」
「」
「」
「つって!」
「」
「ちっとも 痛くないっす。」
「」
「主任! 被害者は この辺りを」
「根城にしているゴロツキです。」
「」
「」
「目撃証言は?」
「ええ。 やはり ホシは…。」
「」
「」
「女子高生… か。」
「」
「」
「身長は 160センチ前後。」
「」
「セーラー服を着た」
「なかなかの美少女だったそうです。」
「」
「」
「おそらく 一連の事件は」
「同一犯の犯行だな。」
「」
「6人の男を半殺しにする」
「女子高生なんかいるんでしょうか。」
「」
「動機はなんだ?」
「」
「(パトカーのサイレン)」
「」
「(パトカーのサイレン)」
「」
「」
「痛むか?」
「いや。」
「」
「」
「ウソをつくな。」
「」
「ケンカした後の」
「この痛みが好きなんだ。」
「」
「」
「バカだな。」
「」
「ああ。 もっと バカになりたい。」
「」
「決めたよ。」
「何を?」
「」
「」
「マジ女のテッペン獲る前に」
「矢場久根との戦争を終わらせる。」
「」
「」
「ほっとけ。」
「」
「私は おたべたちと一緒に戦う。」
「」
「」
「その体じゃムリだ。」
「」
「大事なのは… ヤンキーソウルだ。」
「」
「」
ヤンキーソウル?」
「」
「やるっきゃねえってことだ。」
「」
「」
「熱いな。」
「」
「さっき お前は…」
「なぜ 立ち上がった?」
「」
「」
「そりゃあ 矢場久根の分際で」
「なめたことを。」
「」
「カーッと熱くなったろ?」
「」
「信じてたんだ。」
「」
「お前が 私を」
「見捨てたりしないこと。」
「」
「」
「ネズミ。」
「」
「この世にダチは お前だけだ。」
「」
「」
「その資格はない。」
「」
「私は裏切った。」
「」
「お前を矢場久根に売ったんだ。」
「」
「」
「知ってたよ。」
「」
「あそこに矢場久根の連中が」
「待ち構えてることもな。」
「」
「」
「じゃあ なぜ?」
「」
「ダチに呼ばれたら」
「行くしかねえだろ。」
「」
「」
「センター。」
「」
「それにわかってた。」
「」
「最後は お前も」
「ともに戦ってくれるって。」
「」
「」
「甘いな センター。」
「」
「熱いだけじゃ 生きていけねえよ。」
「」
「」
「ダチ?」
「」
「私は お前を」
「ダチなんかと思ってねえよ。」
「」
「」
「だから裏切ったんだよ。」
「」
「こうして 2人で歩いてるんだ。」
「」
「ダチだよ。 今までも これからも。」
「」
「」
「ネズミとセンターが?」
「」
「(どっち)でも さすがに2人で」
「矢場久根軍団とやりあうのは[外01]」
「」
「」
「難しいだろ。」
「」
「だから 俺がカタをつけた。」
「」
「((マッポだ! マッポが来たぞ!!))」
「」
「」
「センター ネズミ 俺の3人が」
「背中合わせで そりゃあ 壮絶な戦いよ。」
「」
「センターが殴られそうになりゃ」
「俺が蹴りで応戦し」
「ネズミが 後ろから」
「頭突きされそうになりゃ」
「俺が裏拳でおさえ!」
「」
「(どっち)うんうん…」
「って話 盛るんじゃねえよ。」
「」
「(年増)じゃあ」
「センターとネズミは絶縁か?」
「」
「そう思うだろ?」
「ところが 2人は仲よく帰るんだ。」
「」
「」
「(ツリ)なんで? ネズミは」
「センターを裏切ったんだろ?」
「」
「センターは たぶん知ってたんだ。」
「ネズミのワナを。」
「」
「じゃあ 余計にむかつくやろ!」
「」
「俺がもし お前らを裏切ったら」
「どうする?」
「」
「」
「この裏切り者が!」
「」
「やめろよ!」
「例えばの話だっつってんだろ!」
「」
「それくらい センターは ネズミを」
「本物のダチだと思ってるってことだ。」
「」
「」
「(レモン)そんなもんだよ 友情って。」
「」
「」
「一度の過ちくらい許せるんだ。」
「」
「」
「アーハー。」
「」
「って お前がまとめんじゃねえよ!」
「んがっんんっ。」
「」
「」
「(おたべ)矢場久根相手に」
「暴れたらしいな。」
「」
「何の話だ?」
「」
「」
「さあ なんやろ?」
「」
「部室の窓を開けてると」
「いろんな声が聞こえてくるし。」
「」
「誰が誰を裏切りはったとか。」
「」
「」
「全部 知ったうえなら」
「裏切られたとは言わないだろ。」
「」
「」
「」
「ただの 風の噂や。」
「」
「」
「何が言いたい?」
「」
「なんか言わなアカンと思って」
「来たけど」
「」
「忘れてしもうた。 アホやなぁ。」
「」
「♪〜」
「」
「」
「((アンタの?」
「」
「」
「お父様。」
「」
「もっと飛ぶかと思ったのに。」
「」
「」
「軽いから。」
「」
「人を殺したいと思ったこと ある?」
「」
「一度だけな。」
「」
「」
「((お父さん やめて!))」
「」
「殺しちゃダメだよ。」
「ああ。」
「」
「殺しちゃダメだ))」
「」
「」
「(仲俣)ケンカなら買うぞ。」
「」
「いいえ ケンカじゃないんすよ。」
「」
「」
「話は苦手だ。」
「」
「」
「シブヤはどうした?」
「今日は あの人抜きで。」
「」
「ご相談にあがったんすよ。」
「」
「」
「1分 時間をください。」
「」
「で どっちにつくんすか?」
「さぁな。」
「」
「」
「シーソーだ。」
「ああ おにぎりとかに入ってる。」
「」
「」
「」
「」
「そうそう 紫に蘇ると書いて 紫蘇。」
「」
「」
「って 棒2本 足りてねえよ。」
「」
「紫って書けねえっす。」
「」
「」
「蘇るなんて漢字」
「見たこともねえっす。」
「」
「(一同)お〜っ!」
「」
「公園にあるシーソー あるだろ。」
「」
「今 シーソーの右端に パチンコ玉10個。」
「」
「」
「左端に 9個のせたとする。」
「すると どうなる?」
「」
「右に ちょっと傾く。」
「いいや 違う。」
「」
「なぞなぞっすか?」
「」
「右に グッと傾く。」
「」
「なんでっすか?」
「パチンコ玉1個の差っすよね。」
「」
「」
「最初に少し右に傾くだろ?」
「」
「そしたら 左端のパチンコ玉は全部…。」
「」
「右に転がってくんだよ。」
「」
「」
「で?」
「あぁ もういい。」
「」
「お前ら セックスの話でもしてろ。」
「」
「」
「で どうする? ネズミ。」
「」
「シーソーが どっちに傾こうが」
「構いやしない。」
「」
「」
「矢場久根もマジ女も ぶっ潰す。」
「」
「なんせセンターは 私のマブダチだからね。」
「」
「」
「シット!」
「」
「いらねえんだよ。」
「」
「」
「お前は犬か。」
「バウワウ。」
「」
「欧米か!」
「」
「」
「すみません。」
「」
「でも シブヤさんには」
「」
「この色がいちばん似合うと」
「思うんで。」
「」
「」
「俺たち捨照護路は…。」
「」
「ちょっと傾いたほうに」
「のっかるってことだ。」
「」
「前田…」
「この学校 どうすりゃええんや?」
「」
「((負けねえ。 マジ女を裏切って」
「ハンパに生きてるアンタにはな。」
「」
「チームホルモン なめんじゃねえぞ!」
「おら〜っ!」
「」
「仲間がやられてんのを」
「」
「指をくわえて見てるわけには」
「いかねえんだよ!」
「」
「」
「マジで怒ってるよ。」
「シブヤ…。」
「」
「ぶっ潰す!」
「自分殺してまで ぶっ殺す!」
「」
「」
「キャラ立たせたくねえよ。」
「」
「ゆっくり生きたところで」
「退屈なだけだ。」
「」
「私には怖いものなんか何もない))」
「」
「」
「みんな ホンマにアホばっかりやで。」
「」
「」
「前田…。」
「」
「もう ええんとちゃうんか?」
「」
「」

おまけでリンク 前回8話のチラシの裏 台詞と感想

前回、字幕表示と耳コピで私が抜き出した第8話の台詞です。※名台詞、決め台詞を探してみてください。

終わりのあいさつ

今夜放送の第9話、どんな展開になるのか、楽しみですね・・・




三流君へ メッセージを送る

全ての質問に答えることはできませんが、
ダメもとで、気軽に質問、感想、メッセージを送ってくださいね・・・

感想や質問・要望・苦情など 三流君へメッセージを送る。
下記のフォームからメッセージを送ることができます。


あなたのお名前(ニックネーム):さん
返信は?:

アドレス:に返事をもらいたい
感想や質問↓:


(感想や質問・要望・苦情はHPで記事に載せることがあります。)
例:[XXXXさんへ回答例]←みたいに回答していたり...


Ken3 ホームページ 目次

分類:HPを大きく分けると4つの柱(分類)です。
・[Excel/Access VBA]の解説
・[ASP(Active Server Pages)]の解説。
・[元コンビニ店長時代の話]が弟に巻き込まれ、失敗した脱サラ、畑違い?の仕事で失敗。
・[プログラマーの愚痴]では、あまり見せたくない三流プログラマーの内面かな。
三流君を踏み台にする
主に上記4つの分類でHP作成やメルマガの発行を行ってます。
※更新頻度が落ちていて情報の鮮度が悪いです。

三流解説動画の再生リスト
https://www.youtube.com/user/ken3video/playlists

本当に三流なんです(笑):たまにスゴイですねなんて言われることもありますが、
真実は→ [三流君の真実は...] ←を初めに見てくださるとわかると思います。
(からくりは、成功例↑しか載せてなくて ヒドイ失敗例はお蔵入り迷宮入りが多かったりします)