三流君 ken3のmemo置き場

メモ置き場、保管庫として利用。まとまっていませんがヨロシク

挨拶・自己紹介:
失敗続きのAB型の変わり者 :三流プログラマー Ken3です
フリーのエンジニア・個人事業主です・・と書くと聞こえはイイが(それとなくカッコよく聞こえるが)、 現在は小さな案件の受注請負 と 短期派遣 で 日々つつましく?ほそぼそと暮らしてます。
(※詳細は[三流君 三流プログラマーとは?]を見てください)


広告:


[記事一覧、バックナンバーを見る]

マジすか学園2 #08 それぞれの答え の ネタバレ台詞を動画にしてみた実験です

いつものように、集客実験を兼ねて、
ドラマ マジすか学園2 の 台詞を抜き出し(打ち込み)、
動画を作ってみたけど、今回はアクセス数も少なかったし、失敗かなぁ。
(※後日、検証しないとなぁ)

下記、音楽も無く、無音で台詞が流れる動画です。

埋め込みじゃなくて YouTube直接は http://www.youtube.com/watch?v=HSCzQ3Dsi9A を見てください。

下記テキストを元にして、セリフテキストが流れるだけの動画を作成しました。
※動画よりもテキストで読んだ方が速いって(笑)

台詞と感想 マジすか学園2 第8話

病院、ストレッチャーで運ばれるゲキカラ と シブヤとネズミの反省会?

ゲキカラ 「うぅ…。」病院内を緊急搬送中のゲキカラ

先生 「アンビル持ってきて。」
看護師 「はい。」
先生 「点滴 心電図モニター。」とだいぶあわててますね。

ゲキカラ 「うぅ…。」苦しそうなゲキカラのシーンの後

画面変わって、ネズミを壁に突き飛ばし押さえつけるシブヤ
シブヤ 「新部長は 来なかったとさ。」
「センターってのは いったい何者だ!?」
ネズミ 「痛いっす。」
シブヤ 「ラッパッパ部長とのタイマンだったはずだろ。」
ネズミ 「ハプニングっす。」と いつもの調子でとぼけるネズミ
シブヤ 「チョウコクが やられたんだぞ。」で、先週の回想シーンが挿入される。

ネズミ 「まあまあ。 手駒を1つ」
「とられただけじゃないっすか。」ネズミから手を離すシブヤ

シブヤ 「ラッパッパか?」
ネズミ 「一匹狼っす。」
「マジ女は マジ女で」
「テッペンとりが始まってるんすよ。」といつものネズミ口調でおちょくる?
シブヤ 「知るか!」と言いながら、再度反対側の壁にネズミを押しつけるシブヤ
「前田には 指一本 触れさせねえ。」といつもの芸のないセリフ。

ネズミ 「どうぞどうぞ。」
「シブヤさんが」
「前田を潰してくれるんなら」
「こっちの手間が」
「省けるってもんっす。」解放されるネズミ、シブヤはいつものイスへ

シブヤ 「センター 今度 邪魔したら許さねえ。」でシブヤと4人組の絵
ネズミ 「言っときます。」
で、なぜかシブヤの横の4人組を見る 策士のネズミちゃん、何かやらかすのかなぁ?
不敵な感じを残しつつ、シーンは屋上のセンターへ

屋上、センターとネズミ いつもの会話シーン
「ネズミ((なぜ 人が戦うか わかるか?))」屋上のセンター、回想中
先週の戦い後の、チョウコクとのグータッチも思い出す。
握ったこぶしを見つめるセンター
ネズミ 「火はついたよ。 矢場久根とマジ女に。」
屋上のベンチを平均台みたいにバランスを取りながら歩くネズミ
両陣営のバランスも取っているつもりなのかなぁ演出で?
「誰が チョウコクを倒そうが」
「どうだっていい。 結果オーライだ。」
「あとは この戦争が終わるまで」
「私たちは 高みの見物。」
「で この戦争が終わったら…。」と笑いかけたところで、

センター 「ネズミ。」とセンターがネズミの所に歩きながら
「前に お前は言ったよな。」
「人が戦うのに理由はない。」
「ただ 戦うのが好きだから って。」

ネズミ ふっと笑って「言ったっけ? そんなこと。」とスッとぼけるネズミ

センター 「その先があると」
「私に言ったヤツがいる。」
センターとゲキカラの回想シーン
ゲキカラ 「((優子さんが教えてくれた。」
「ケンカには 理由がなきゃいけない。」
「理由のないケンカは」
「勝っても負けても むなしい))」
とゲキカラの名台詞/名シーン?を思い出す

ネズミ 「何を考えてる?」と苦い顔をしながらネズミの一言。

センター 「お前のことだよ。」
「私は お前が好きだ。」ビックリなネズミちゃん。
「何があっても。」で歩き出すセンター

ネズミ 「センター!」といつもと違う声のトーンで呼び止めるネズミ、振り返るセンター
「いや… なんでもない。」と微妙な表情のネズミ。再び歩き出すセンター
指で輪っかを作り、その中にセンターの姿を収めるネズミちゃん、心の中は??

で、「マジ女 気合い入れてくぜ!」とオープニング曲が流れる。

チームホルモンとチームフォンデュの親睦会 と さまようゲキカラ光の中へ

CMあけ、ゲキカラがなぜか病室から歩き出すシーン、※大丈夫か?
あれ、いつのまにか、服を着て廊下を歩いてます。
すれ違う、ヤンキー達、階段を上がるゲキカラ
そして、光の中へ

で、シーンが急に変わり、
「(チームフォンデュ)あん? あん?」と黄色のジャージ軍団

「(チームホルモン)あん? あん?」とこっちは緑のジャージ軍団

「あん? あん? あん?」が繰り返され、抗争開始か?と思ったら、
第一回 チームホルモン VS チームフォンデュ 親睦会 校長公認のテロップ
ヲタ 「ってかさ」
「チームホルモンとチームフォンデュの親睦会って意味わかんねえし。」確かに。

ツリ? 「ってか 」
「うちら お互いケンカでは」
「芯を食ってないじゃないっすか。」


ウナギ 「ってか 」
「なんで 2年のお前らと俺たちが」
「同じ ケンカが弱いってカテゴリーに」
「入るんだよ?」

レモン 「ってか」
「チームホルモンさん 強いんすか?」

アキチャ 「ってか」
「周りが強すぎんだよ。」
「うちらだって ローカル行きゃ」
「テッペン とってんぞ。」

年増? 「ってか」
「全敗じゃないですかチームホルモンさん。」


バンジー 「てか てか」
「うるせぇんだよ。」

立ち上がる、両チーム、どっちが強いんだ?
「おりゃ〜っ!!」(フォンデュ)のみなさんが駆け出す
「わ〜っ!」(ホルモン)のみなさんが受けて立つ
と思ったら、
「あん?」
「あん?」
「あん?」
「あ〜ん?」となぜか幸せそうな顔で抱き合う面々。

と、ここで、手を振りほどき、抜け出す(抜け駆けの)ヲタ
ヲタ いつの間にかチーズに付けたホルモンを食べて一言「ってか うめぇじゃん。」
「ホルモンつけて食ったらいけんじゃね?」

振り返りヲタに向かって一同「あん?」
その後、1つの鍋を囲う2チーム
寒ブリ? 「ってか」
「ホルモンって死んだ牛の内臓っすよね?」

ヲタ 「ってか 」
「生きてる牛の内臓食えねえだろ。牛の活き造りがあるんか?」

ウナギ 「ってか」
「オメエらもさ なんで チーズフォンデュなんだよ。」
「テレビのグルメ番組にしか登場しねえだろ。」

「ってか ホルモンよりインパクトのあるもん」
「食わなきゃいけねえって思って。」

「ってか そこかよ。」

「ってか マジ女」
「今のままで いいんすか?」

バンジー 「ってか いいわけねえだろ。」
「ヤンキー高校が 集団登校 集団下校」
「してるのがバレたら 笑い者だぞ。」

? 「ってか」
「いつ 矢場久根が襲ってくるか」
「わかんないんすから」
「しようがないじゃないすか。」

レモン? 「ってか 上は何やってんすかね?」

? 「ってか おたべが」
「今ひとつ わかんねえヤツだからな。」
「テッペンがまとまらなきゃ」
「うちらも まとまらねえだろ。」

どっち? 「でも…。」
ムクチ? 「(ってか)忘れた!」とムクチさんのツッコミ?

ヲタ 「ってか ムクチ」
「そういうゲームじゃねえから。」あれ?違ったのか(笑)

どっち? 「センターが チョウコク倒したって。」

? 「ってか」
「今の マジ女の戦力っていったら」
「センターしかいないじゃないっすか?」

ムクチ? 「ってか 私 もう ムクチやめた!」
「いっぱい しゃべって。」

バンジー 「ってか ガンはシブヤだな。」スルーされてふくれるムクチ
「アイツのせいでひっかき回されてる。」

みんな 「(一同)だな!」

「アチッ!」とムクチの一言で締め?
※登場人物多いと打ち込みが間に合わないし、疲れてしまう(ぉぃぉぃ)
 拾いきれていなかったら、ごめんなさい、あと表情が伝えきれなくてスミマセン

新たな勢力登場、謎のボスはシブヤの友人?
シーンは変わって、階段を上がるシブヤの姿、上がり終わると集団が待っていた。
? 「なんだ テメエ。」
シブヤ 「頭 出せ!」
? 「はぁ?」
「何言ってんだ? テメエ!」

仲俣 「相変わらずだな シブヤ。」
「それじゃ 会社勤めも向かねえな。」とマッサージを受けながら答える声

シブヤ 「人種が違った。」
仲俣 「何の用だ?」
「マジ女… いや」
「矢場久根の助っ人の話ならもう 準備できてるぜ。」

シブヤ 「木っ端だけでいい。」
仲俣 「木っ端だけでいいだと?」
「相変わらず ナメたヤロウだな。」歩き出す謎のボス。

シブヤ 「ワケあってな。 あそこのテッペンは」
「私が この手でぶちのめす。」
「そのための木っ端だけ並べてくれればいい。」

仲俣 「わかったよ。言い出したら聞かないから。お前は。」
「もともと この助っ人も頼まれ仕事だ。」本とメガネでインテリ気どり?のボス
「捨照護路高校の仲俣。」※ステゴロ高校ですか(笑)
「ダチの頼みは断らねえよ。」おっと、新たな高校とシブヤの人脈きましたね。
ステゴロ高校の面子が並ぶと、
シブヤ 「すまんな。」でCMへ



センター VS おたべ 再び。途中にムクチが乱入、ネズミがいつもの盗み聞き
廊下を歩くセンター、
「アンタはなんで 生き急ぐ?」おたべとの会話を思い出す、
光の中、こちらも廊下を さまよう ゲキカラの絵
吹奏楽部の部室に到着して優子さんの写真を見るゲキカラ
カメラが写真から移動すると、なぜかセンターとおたべの部室にシーンは自然に
おたべ 「うちの代わりに行ってくれたんやってな。」振り返るセンター
センター 「成り行きでな。」一瞬チョウコクの絵が入ってから、
おたべ 「うぬぼれんなや。」とお説教か?
センター 「うぬぼれてなきゃここには来ねえよ。」とクールに言いかえす。
おたべ 「答えを見つけにきたんか?寂しい目 してんな。」
センター 「何がわかる?」と少し怒るセンター
おたべ 「お前の弱さ。」と言い切るおたべ
センター 「おらぁ!」とパンチから入りキック、カワスおたべ。

おたべ 「お前の目に寂しさはあるけど悲しみがない。」
「前田の目には それがあるんや。」
で、なぜか駐車場でまたゴミ掃除をしている前田のシーンが写り、
また、野郎どもをKOしてますね。
おたべ 「闇の中で もがくとき手や足が誰かに当たる。」と語りだすおたべ
「それが ケンカや。」
「アンタの気持は すごくわかる。」※ホントかよ
「あんときの私と一緒や。」※あれれ、一緒にしちゃったよ
おたべと前田の回想シーンが写り
「それは 前田と私がマジ女に来る前の話や。」
「まだ 終わってないで。はよ 殴らんかい!」とKO寸前なのに頑張るおたべの姿
「情けかけたら また いてまうど!」
前田 「これ以上 何を求める?」
おたべ 「コラ! まだ 決着ついてないど!」
前田 「決着?何の決着だ?」
おたべ 「アンタとうちのタイマンや。」
前田 「私は…。」
「また してしまったことを後悔している。自分が怖いんだ」
とこの頃からおかしかった前田?(でパート1で直ったんじゃなかったのか?)

おたべ 「前田は 自分の本能を制御できひんのや。」
「そんな自分が怖くて しかたないんや。」と解説終了、センターの返事待ち
センター 腕組みしながら、「だから なんだ?」
「私には怖いものなんか 何もない。」と言い切るセンター
んっ?ひよっこり現れたのはムクチちゃん?対決現場を目撃。
おたべ 「本当に強いヤツはな本当の恐怖を知ってんねん。」とセンターへ
えっ、この修羅場にムクチがカットイン!!
ムクチ 笑顔で「今日から ムクチじゃなくて」
「おしゃべりって呼んでください。」※暫定 ムクチ改めおしゃべりのテロップ
ムクチ、目線をセンターに移すと真剣、おたべにうつしても真剣、
やっちゃったなぁ・・・な感じで後ずさり、部屋を出て行く感じ?
センター 「前田は どこにいる?」と おしゃべり の デビューは無視しておたべに質問
おたべ 真剣な目でセンターに「今のマジ女には アンタが必要や。」
「一緒に戦ってくれるか?」と歩み寄るおたべ
「マジ女のために。」
見つめあう 部室内の二人。
カメラが引いていくと、部室の外にはムクチじゃなくてネズミが一匹
ネズミ 「ちょっと嫉妬しちゃうよ センター。」
と言って、少し悲しそうな、でもいつものネズミに戻り?立ち去るネズミ。

三途の川じゃなかった、光の中で優子さんと再会するゲキカラ 追い返され 病室へ
部室内、おたべ と センター の ツーショット から 部長の写真にカメラが回り
さらに回転すると、光の部室 で 写真を見つめるゲキカラ登場

優子 「お前らしくないぞ ゲキカラ。」と優子さんの声
ゲキカラが振り返ると部長専用席に座った優子さんが「久しぶりだな。」
ゲキカラ 「優子さん。」驚くゲキカラ、急いで優子さんに飛びつく(抱きつく)
「会いたかったよ!」と涙顔のゲキカラ
優子 「なんだよ うぜえな。」とこちらは笑顔の優子さん
ゲキカラ 「だって優子さん ひとりでどっか行っちゃうんだもん!」
優子 「どこにも行ってねえよ。私は ずっとここにいる。」
ゲキカラ 「捜したんだよ。」
「屋上も 教室も 体育館も 保健室も。」
「どこにもいなかったじゃない!」
優子 「ゲキカラ。」で立ち上がり、
「オメエ こんなところにいる場合じゃねえだろ。」
「矢場久根と全面戦争になんぞ。」
ゲキカラ 再び抱きつくゲキカラ、「嫌だ 行かない。ここにいる。 優子さんと。」
優子 「100万年 早いよ。」と抱きつくゲキカラを引き離す。
「ここは選ばれた人間が来るところだ。」
「お前は あっちに戻れ。」※定番の三途の川で追い返されるイベントですね
「みんな 心配してんぞ。」
ゲキカラ 「優子さんは?」
優子 「私は あっちへは行けない。」
「こっちで テッペンとるさ。」

ゲキカラ 「また会えますか?」
優子 「最後は みんな ここに来るよ。」
「さあ もう行け。」と一転ゲキカラを叱りつける優子さん
ゲキカラ 「優子さん…。」と涙声のゲキカラ
優子 「矢場久根なんかに負けたら承知しねえからな」
で、向かい合い、胸に一発気合い じゃなかった パンチを入れたら
桜の花びらが飛び散り、ドクンとゲキカラの体が勢いよく波打つ
心臓が動き出す そんな 演出かなぁ。
桜の花びらが舞い散り、後ろにゆっくり倒れるゲキカラ、眠った目からは涙ポロリ

病室で目を覚ますゲキカラ。
すると、「ゲキカラ!」と仲間の声、声、声
尺 「ゲキカラ!〜」と尺取りで絶叫〜する尺?
「ゲキカラが起きた! やった やった!」
「やった! 笑えよ 笑えよ ゲキカラ!」
「本当 よかった ゲキカラ!」と尺を取りまくりの尺様
※↑学ランや歌舞伎姉妹が目立たなかったじゃないか(笑)

ゲキカラ 「優子さんに会った。」おっ、横にはサドとトリゴヤ登場ですね。
サド 「夢を見ていたんだ。」ううん、と首を振るゲキカラ
ゲキカラ 「お前が来るのは 100万年早いって。」
トリゴヤ 「そうだよ。ゲキカラがあっちに行くなんて100万年 早いよ!」
ゲキカラ 涙声でゲキカラ「また会えますか って聞いたら」
「いつか みんなが来る って。」
「それまでにここのテッペン とっておく って。」
トリゴヤ 「優子さん どこにいてもテッペンとらないと気がすまないから。」
サド 「会いたいな 優子さん。」ボソっとサドの一言。
ゲキカラ 「矢場久根に負けられないと思った。」で一瞬 現四天王の学ラン、尺、歌舞伎が写る
「優子さんに心配かけるから。」
サド 「私も頑張ってるよ。看護師として。」と元四天王仲間のサド
「ケガをさせるのは得意だったけどケガを治すのは なかなか難しいね。」
の真面目な話の後、
トリゴヤ 「私も 風俗の世界でテッペン目指す。」と真顔で爆弾発言?
ゲキカラ 「優子さんが見てるもんね。」
一同の後ろ姿 と 病室になぜか桜の花びらが散ってからCMへ

それぞれの考え/動き/流れ(それぞれの答え?)
CM明け、ヤバクネ メンバーの前で ケン・ケン・パ を するネズミの姿
何かたくらんでますねキット、
そんな数秒の画面から、病院を後にするサドとトリゴヤに画面は移り、
サド 「で どう思う?」と主語があいまいな問いかけをトリゴヤにするサド
トリゴヤ 「いいと思うよ。子持ちで風俗やってる子いっぱいいるし。」
「ブラックなら仕事もすぐに覚えられる。」
サド 「ブラックじゃなくて矢場久根の戦争のこと。」
トリゴヤ 「そっちか。」残念そうなトリゴヤの小ボケをはさみつつ、
サド 「シブヤが寝返ったらしいな。」と真剣な話なのに
トリゴヤ 「シブヤも夜は一緒に風俗の仕事するって言ってたのに。」※オイオイ(笑)
サド ふと立ち止まり、「人は変わる。」
トリゴヤ 「私たちは全然 変わってないと思うけど。」※アンタだけと全国の視聴者の声?
サド 「前田なしでは勝てないだろ。」
トリゴヤ あっそれなら的な笑顔で「私が 前田の頭に手のせて見てこようか?」
サド 「ほっとけ。いずれは乗り越えなきゃいけない壁だ。」
トリゴヤ 「周りのヤンキー高も壁を作ろうとしてるんでしょ?ピンチじゃない?」
サド 「だから 私たちは戦ったんじゃないか。」
「優子さんと。」と真剣な目。なのにトリゴヤ
トリゴヤ 「ねぇ サドも1回 体験入店しない?」
でなぜかジャケットを脱ぎ棄てて立ち去る二人。

画面は、一人ぼっちの元四天王シブヤ、、、心の中では何を思う?
※やはり、頭の中では前田一色かなぁ
そんなシブヤを柱の陰から 連続まばたきをしながら心配そうに見つめるダン
別の角度では、シブヤを見つめる不気味な4人組の絵、矢場久根も何かが起こる?

同じ頃、ビルに寄りかかって 空を見上げる前田
前田 「マジに生きるのって つらいな。」と独り言を言いつつ、
「もう少しだな。」と残り少なくなったピンを透かして見る。
そして1つ花びらを食べました。

場面は、変わって 学校へ戻り、
おたべ 「前田 それでアンタは答えは見つかったんか?」
そんな心の声 を 聞いた後、ノックの音、視線を向けるおたべ
「校長先生 警察の方がお見えです。」
で、校長室に入っていく女刑事と刑事を目撃。

男刑事 「こちらは この学校の校章ですね?」
校長 「はい。」
男刑事 「連続する暴力事件の現場に落ちていました。」
校長 「オーマイガッド!」
女刑事 「最近 欠席や遅刻や早退が多い生徒は いませんか?」とちっちゃい女刑事
校長 「うちはそういうスチューデントは ザラですから。」
「アハハハハ!」と笑ってごまかそうとしたが、刑事の目が真剣だったので、
「調べさせます。」と校長も真剣に返事。

廊下をさっそうと歩くセンター
校長室から出て、なぜか振り返る女刑事、視線の先にはおたべの姿。
※ここでは、何もなく、1カット入れただけ?複線かなぁ。

とある教室、壁に書かれた策士ネズミの計算式?を見つめるセンター
おたべからの依頼「一緒に戦ってくれるか?」

大好きなネズミとの約束「ここからの景色をお前と見たいと思ったんだ」
を思い出し複雑な気持ちのセンター。
※どちらを選ぶのかなぁと思ってたら携帯が鳴る

公園でブランコに揺られながらセンターに電話をかけるネズミの姿
ネズミ 「ごめん センター。」
「ごめん…。」
「ごめんね センター。」と今にも消え入りそうなか細い声
「罠にハメられちゃって。」周りは矢場久根の生徒たちに囲まれてます。
んっ?と一瞬視聴者が考えようとした次の瞬間、
手をクイ、クイと動かし、手で合図
「テメエ この野郎!」
「やっちまえ!」と周りから声だけが聞こえてきます。
※全国の視聴者がやりやがったなネズミと思っているが、何も知らないセンターは
センター 「ネズミ!」とあわてて携帯を閉じてダッシュ。
走るセンター
ネズミ 「センター 私を助けておくれ。」
「それが…。ダチだろう?」※センターが答えを出す前にネズミが答えを出しちゃった?
下をペロっと出すネズミ、走るセンター
ネズミの心の中の声
「準備は整ったっと。」
「マジ女と矢場久根が潰し合いをしてもらうためにはみんなに頑張ってもらわないと」
走るセンター、優雅にブランコ遊びのネズミ
「大量の火薬も火がつかなければ 爆発しない。」※←名言きましたね
タンポポのタネを飛ばすネズミさん、走るセンター
「ネズミさんは ここで一本のマッチを擦るんです」
そして最後は ネズミダンス じゃなかった、ケン・ケン・パの集団行進
走るセンター
病室で笑顔のゲキカラと尺達
えっ、輪になって ケン・ケン・パ の ネズミと矢場久根 恐ろしい光景です。
孤独のシブヤ と 町を歩く前田、すれ違う女刑事(たかみな)

来週は荒れそうで 面白そうですね。




三流君へ メッセージを送る

全ての質問に答えることはできませんが、
ダメもとで、気軽に質問、感想、メッセージを送ってくださいね・・・

感想や質問・要望・苦情など 三流君へメッセージを送る。
下記のフォームからメッセージを送ることができます。


あなたのお名前(ニックネーム):さん
返信は?:

アドレス:に返事をもらいたい
感想や質問↓:


(感想や質問・要望・苦情はHPで記事に載せることがあります。)
例:[XXXXさんへ回答例]←みたいに回答していたり...


Ken3 ホームページ 目次

分類:HPを大きく分けると4つの柱(分類)です。
・[Excel/Access VBA]の解説
・[ASP(Active Server Pages)]の解説。
・[元コンビニ店長時代の話]が弟に巻き込まれ、失敗した脱サラ、畑違い?の仕事で失敗。
・[プログラマーの愚痴]では、あまり見せたくない三流プログラマーの内面かな。
三流君を踏み台にする
主に上記4つの分類でHP作成やメルマガの発行を行ってます。
※更新頻度が落ちていて情報の鮮度が悪いです。

三流解説動画の再生リスト
https://www.youtube.com/user/ken3video/playlists

本当に三流なんです(笑):たまにスゴイですねなんて言われることもありますが、
真実は→ [三流君の真実は...] ←を初めに見てくださるとわかると思います。
(からくりは、成功例↑しか載せてなくて ヒドイ失敗例はお蔵入り迷宮入りが多かったりします)