三流君 ken3のmemo置き場

メモ置き場、保管庫として利用。まとまっていませんがヨロシク

挨拶・自己紹介:
失敗続きのAB型の変わり者 :三流プログラマー Ken3です
フリーのエンジニア・個人事業主です・・と書くと聞こえはイイが(それとなくカッコよく聞こえるが)、 現在は小さな案件の受注請負 と 短期派遣 で 日々つつましく?ほそぼそと暮らしてます。
(※詳細は[三流君 三流プログラマーとは?]を見てください)


広告:


[記事一覧、バックナンバーを見る]

感想 第9話 ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 中盤の感想

ブザー・ビート 〜崖っぷちのヒーロー〜 台詞と感想: 第11話(最終回)/第10話/第9話/第8話/第7話/第6話/第5話/第4話/第3話/第2話/第1話


http://d.hatena.ne.jp/ken3memo/20090907/1252336969 の 続きです。

ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 第9話 中盤まで、感想を書きました。
長文ですが、読んで途中にある三流プログラマーの感想を笑ってください。

ドラマ ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 の感想で、正式な役名と間違いでも、検索に引っかかるように(姑息なマネ)、フリガナと間違い漢字を含めて、台詞と感想をアップしてみた。


ブザー・ビート#09 第九話 感想02 まじめな演技のはんにゃ と 田舎に帰った莉子

CM明けて、
健康診断のシーン、女性視聴者向けの胸板も少しありました。
臨時コーチ「どうだった」
宇都宮「身長がチョット縮んでるんですよね」臨時コーチ「はやくねぇか?」の笑い話から、
臨時コーチ「ナオキは?」
直輝「えっと、体重が1.5キロ増えました」
臨時コーチ「おっ、ウェートの効果でてるじゃん」

ロッカールームへ戻った?直輝、自分のロッカーの前に紙袋が
中にメモが入ってました

  この間は
   どうもありがとう
        菜月

メモを見た後、返却されたタオルのニオイをかぐ直輝 ※なぜ?と視聴者疑問?
直輝「なつかしい」と独り言の回答、いただきました。まったく・・・
と、懐かしいニオイのするタオルをバックにしまったところで、
はんにゃの二人が登場。
金田「あー、ナオキ居た。ナオキさぁ、明日のPBA開幕記者会見なんだけど、あれウツさんと一緒に出てくんない?」
直輝「俺でいいんですか?」
金田「うん、代々木のルックスはさぁ、公の場だとワイルドすぎるダロ」
金田じゃないほう「ヒゲ濃すぎるでしょ」
金田「その点ナオキはさ、清潔感バッチリだから」
直輝「ありがとうございます、じゃ行きます」
はんにゃ「うん」
と、ここでも真面目なはんにゃの演技がワンシーン。
フジの隣のドラマ[ 乙男 ]と違い、持ちネタはやらせてもらえない、まじめなドラマなんですね。
まぁ、セリフ間違いのNG大賞かなにかで、NG後に、いつものネタに強引に持っていき、やって居ると思うけど、そんな空気じゃないのかなぁまじめな現場は。※個人的には出るドラマ間違えたのでは?と思うけど、芸人として一流ドラマに出るのはステータスだから、持ちネタやれなくてもコッチに出演なのかなぁ。。。

そんな、はんにゃ 損してるよ の感想は置いといて、莉子ちゃん楽器を持って歩いてます。
「リコ〜」と呼ぶ声、
振り返ると、母親。
莉子「お母さん」と手を振り合う二人。
母「おかえり」莉子「ただいまぁ」で抱き合い、感動の再開。
「元気だった〜」「元気だったよ」のワンシーンでした。

会議室で直輝とはんにゃ金田が打ち合わせ中
金田「会見はユニフォームなんだけど、協会の幹部とかスポンサーとか来てるから、一応スーツ着てきて」
直輝「はい、わかりました」
コンコンとドアをノックする音
金田「どうぞ」
なつき「失礼します」となつき登場
なつき「上矢さん、これ明日の地図とスケジュールです」と渡し、直輝を見つめる菜月、目が合い少し動揺して
なつき「あしたヨロシクお願いします」直輝「お願いします」
ドアを開けて出ていくなつき※少し間があったけど
金田「じゃぁ、明日は13時だから〜」とここでもまじめな演技でしたね。



ブザー・ビート#09 第九話 感想03 二人が付き合っていることをウツサンに告白、

画面は変わり、宇都宮・修二・マイが夏なのに鍋パーティ?
宇都宮「えっ、修二と海老名さんが付き合ってる!!」とビックリなウツさん
修二が申し訳なさそうに軽くうなずき、姉さん女房(まだ早いか)のマイが切り出す
マイ「ええ、実はうすうす気付いていらしたかもしれないんですけど、私ずっと宇都宮さんに憧れていたんですとても」
どうも、みたいな感じでうなずくウツさん。
マイ「でも、宇都宮さんは私が居なくたって一人でも立派に生きていけそうですけど修二君は何て言うか」と修二を見る
修二は軽くスミマセン的に頭を下げる
マイ「なので、これからは秦野修二とともに末永く仲良くしていただければ と よろしくお願いします」修二「よろしくお願いします」と深々と頭を下げる二人
宇都宮「そっかぁ、正直ホッとしたなぁ」と笑顔のウツさん

お酒をつぎながらマイ「もう、、こうなったら思い切って聞いちゃいますけど、やっぱりその、なんて言うか、本命は、川崎さんで」と視聴者も気になる質問。
宇都宮「えっ」 マイ「えっ」修二も「えっ」の三連発のあと、
笑いながら宇都宮さん「ふふっ(苦笑)、お前ら違うよ、よく誤解されるんだよなぁソレ、」
修二「よかったぁ、ほらやっぱり違ったじゃないですか」
マイ「うれしいけど、なんか拍子抜けです」となんだぁ的な空気の中、
宇都宮「好きな女性は居るんだぁ、でも、ずーっと長い間片思いしてて、いいかげんにあきらめなきゃなぁと思って」と爆弾発言
マイ「そうだったんですかぁ」
宇都宮「よし、またいい人探さなきゃなぁ」と気持ちを切り替えビールを一口、後輩修二へ「食べろよ」の一言。
ピンポン〜とチャイムが鳴る
修二「直輝さんたちだ」と出迎えに玄関へダッシュ

ドアを開けると直輝とその他2名登場。
「カンパイ」「乾杯」「カンパイー」とグラスを持って乾杯のシーン
マイ「なんて素晴らしい光景なの」
宇都宮さんが映り「憧れの全日本選手」
その他二人がうつり「そして身長180cm以上の美しいスポーツ系男子」
修二がうつり「そして、かわいい年下の彼」
台所の直輝がうつり「そして、こまめに働く青年A」と主役の山Pは青年Aになっちゃった
男家政婦の直輝「ネギもう少し切ったほうがいいですか?」と確認
マイ「あぁ、スイマセン、ありがとうございます」とグラスを置いて受け取りに行きます
直輝から食材を受け取り、二人の目線はシール台紙へ
マイ「また集めてるのそのシール」「もう一個もらったら上矢君にあげるんだ って」
直輝「そうですか」と少し嬉しそう。※このマグカップ、なにかやってくれそうですね。メモメモ



ブザー・ビート#09 第九話 感想04 マイが直輝に釘を刺す バーのバイト 体重1.5増量

ネギを切る直輝とそこへマイ登場
マイ「スイマセン、なんか切らせちゃって」
直輝「いえいえ」
マイ「あっアタシやります、ありがとうございます」※マイが作業をさせて、ちゃっかり手柄だけ取るのかと思いきやここから彼女の親友とのお話です
直輝「あの」マイ「はい?」
直輝「川崎さん帰ってきたらリコとのことチャント話そうと思っているんです」
マイ「うん?」
直輝「なんで、それまでは修二とかほかのみんなに言わないでもらっていいですか?」
マイ「わかってますよそんなこと」「リコが上矢君のこと好きならうまくいってほしいし、でも、最近の莉子はなんか元気ない」「まぁ、バイオリンのバイトのこととかイロイロあるんでしょうけど」
直輝「バイオリン?」
マイ「聞いてないんですか?バイトやめたこと」
直輝「いつですか?」
とここで、修二がカットイン
修二「まいさん、お肉無くなっちゃいますよ」
マイ「あ〜あ、はい、はい、はい」
マイ「とにかく、莉子を不幸にするようなことがあったら、私、ゆるしませんから」と目力で親友が直輝に釘を刺してから修二の所へ行きました
マイ「はい、お待たせしました野菜です、みなさん野菜もチャント食べなきゃダメですよ」

外で携帯を取り出す直輝
莉子の携帯が着信、マナーモード・バイブなので、サスガ耳良すぎな莉子ちゃんでも気が付きませんでした。
帰省で疲れて、オヤスミモードみたいです。母親が寝相を見てまったく色気の無い・・・って感じでした。
※が、逆にTシャツで寝返りのシーンが男性視聴者向けのサービスか?画像や動画を貼れないのが残念です・・・ノーメイクでも脱いでも凄そうな莉子ちゃんです。なんてね。

三流君の↑な感想にこのブログを見た女性読者がドン引きしたことは置いといて(だったら消せよ?)
シーンは変わり、報告を受けている偉い人
バーで莉子にクレームを付けた男「えっ、あのバイオリニストが辞めた」
下っ端「矢尾先生にお叱りを受けたことで支配人がクビにしたそうです」
先生「なんだそりゃ、私はそんなために言ったんじゃないだがなぁ、彼女にもっとやる気を出してもらおうと思ってだね」
下っ端「どうします先生、時間がありません」
先生「彼女の連絡先調べて」
下っ端「わかりました」
※おっ、これは、意外な急展開ですね。

白河家、体重を量る莉子。※針は最後まで見せてもらえなかったけど、、、
莉子「マズイ、ナオキに会う前に痩せないとなぁ」とお腹を叩く。※そんな必要ないでしょと全国の視聴者の声が聞こえる中、
母「リコ、置きっ放しだったよ」と携帯を渡される、ふざけながら受け取る莉子。
莉子「ねぇ、お母さん太ったよ、美味しい物ばっかり作るからさ」
母「ちょっと太ったくらいのほうがカワイイじゃない」と全国の視聴者へ?
莉子「二日で1.5キロってなぁ〜」
携帯を確認すると直樹からのメールが入ってました

8/30 10:16
 上矢直輝
(non title)
実家はどう[絵文字][絵文字]?
ゆっくりできてる[絵文字][絵文字]?
俺は身体測定があったん
だけど、体重が1.5キ
ロ増えてた[絵文字][絵文字]
この調子で筋肉つけて[絵文字]
当たり負けない体になっ
ていくといいなぁ[絵文字][絵文字]

直輝

莉子「ふふ、直輝も増えたんだぁ、じゃ、まっ、イッカ」となつきの毒は抜けてるのか、笑顔の莉子ちゃんでした。




ブザー・ビート#09 第九話 感想05 ケーキ屋さんでなつきがウツサンに気持ちを語る

場面はPBAの記者会場
選手が紹介され、フォトセッション、写真が撮られまくってます
はんにゃ金田「アークスよろしくお願いします」とマネージャーらしく営業中のひとコマ、なつきも他社の人と談笑中
宇都宮「なぁ、ナオキ」直輝「はい」
宇都宮「チョット行って来てくれないかな、この近くにケーキのうまい店が」
直輝「ごめんなさい、今日行かなきゃ行けない所が」
宇都宮「ああ、そうか」
なつき「そろそろ、行きましょうか」と時計を見ながらスケジュール管理?
と、「うつさん〜」
宇都宮「おお、けー?」
謎の選手「よろしくお願いします」
宇都宮「こちらこそ」「調子はどう?」
謎の選手「絶好調ですね」直輝を見つけ、「どうも」
直輝「今シーズンもよろしくお願いします」と挨拶


記者会見も終わり帰り道の直輝 と 実家の莉子、偶然同時に通話したので、つながらなくて留守電、センターの返事。
莉子「また留守電」と寂しそう。※直輝は会見中電源切っていた、そんな感じかな。
バイオリンを取り出し、実家の部屋で演奏を開始する莉子
テレビを消し、演奏を聴く両親、演奏中の莉子、聴く両親

うまいケーキ屋さんに居る宇都宮となつき
宇都宮「悪いねえ、つき合わせちゃって」「うー、ここのケーキホント美味しいから食べてみてよ」となつきにふるウツさん
なつき「ウツさん」
宇都宮「んっ?」
なつき「私、今、どんな顔してますぅ?」
宇都宮「えっ」
なつき「なんか自分がどんどんイヤな女になっていく」
宇都宮「どうして」
なつき「わたし、ナオキにダメになってほしかったんです」
不思議な感じのウツサンの顔
なつき「わたしと別れて落ち込んで、ボロボロになってバスケも何もかも うまく行かなくなって」「後悔してほしかった」「別れたこと」
困ったウツサン何も言えず
なつき「それで、泣いて私にすがってほしかった、ヤッパリお前が居ないとダメだぁ〜って」急に笑い出して「はは、ホント馬鹿みたい」真顔に戻り「いまさら どうしようも無いとわかっているんですけどね」
視線を外し、目がどこか一点を見ているウツさん
なつき「でも、気持ちが止められないんです」...「止められない」
なつきを見るウツさん
なつき「なんとも思われないで記憶から消えるくらいなら嫌われたほうがよっぽどマシ」
返事に困る無言のウツサン



ブザー・ビート#09 第九話 感想06 三日ぶりに莉子と直輝は CDをネタに楽しい会話

CDを買って、袋から出し、見ながら歩いている直樹
と、ここで、代々木と金沢しおんを発見、肩に手を回しながら仲良く街中を歩いてます
首をかしげる直輝。
実家の部屋 莉子にメールが届く
上矢直輝
sub 四季

買ってきた[トーン記号の絵文字]

CDの画像が添付されてました。
※このCD ビバルディの四季 も売れるんだろうなぁキット。

メールを見てから嬉しそうに電話をかける莉子
なかなか、つながらない。※と視聴者に気を揉ませるだけ引っぱってから、
直輝「もしもし」
莉子「もしもし、あーやっとつながったぁ」とかなりの笑顔
直輝「入れ違いになっちゃってたもんね」「元気?」
莉子「うん、ナオキの声も元気そう」
莉子「ねぇ、ビバルディ買ったんだね」
直輝「うん、聞いてみたらさぁ、春とか秋んとこもよく聞いたことあるフレーズだよね」
莉子「うん、タンタンタらら〜(とリズムよく)」直輝も一緒にあわせてます「でしょ、」
直輝「それそれ」
莉子「うん」
直輝「でもね、俺はヤッパリ夏がいいなぁ、強そうで特にプレストの所、第三楽章の」
莉子「ははは、うそ、すごいチャント聞いてるんだね」
直輝「うん、でもブレストの意味はわかんないけどね」
莉子「ブレストは、はやくって意味の音楽の速度用語なの、急いでる感じで、だから弾くのがスゴイ難しいんだ」
直輝「へぇ〜速さのことなんだ」※明日からチャラ男が恋愛速度ブレストを語りそうで怖い用語解説ですね。
莉子「うん」直輝「ふ〜ん」
※逆のゆっくり、恋愛したい時の用語が気になるよね、川崎さんにゆっくりとか言ってたし。

耳の良い莉子電話越しでもまた何かに気が付く
莉子「あっ」「今、涼しい風が入った音がした」
直輝「ああ、もう夏も終わりだもんね」
莉子「うん」
直輝「あのさ、」莉子「あの」とカブる
直輝「んっ」莉子「んっ何」とまたカブる
直輝「イヤ何でもない、そっちは?」と気になる返しだよね
莉子「私も何でもない」
直輝「ホント?」
莉子「うん、なんかもっとしゃべって」とリクエスト
直輝「えっ」
莉子「なんか声聞きたいんだ久しぶりだし」
直輝「三日ぶりか、そんなこと言われても何しゃべっていいかわからないよ」
莉子「ふふっ、そっか、こっちはねぇお父さんが」と話していたらドアを叩く音
母親登場「リコ、夕飯できたよ」と呼び出し、OKサインで答える莉子
莉子「ゴメン、お母さんが呼んでる」
直輝「ああ、明日帰ってくるんだよね、そしたら明日の夜会ってゆっくり話そうよ」
莉子「うん、わかった」
直輝「じゃ、練習終わったら連絡するね」
莉子「うん、待ってるね、がんばって」
直輝「ありがと、じゃぁ、気を付けて帰って来いよ」
で、二人の長電話も終了。でも直輝の視線はタオルと一緒に受け取ったナツキのメッセージへ?でCMへ

CM明け、白河家夕食
莉子「やっぱり、お母さんのコロッケは美味しい」と、コロッケを口に入れモグモグしながら
母「ふふふ、アリガト」
母「ねえ〜リコ」箸を止める莉子
母「お父さんとも話していたんだけど、もうバイオリンあきらめたら?」
莉子「えっ」と表情が曇る
母「卒業してもう二年でしょ、お父さんも もう 来年には定年だし」
無言の父の絵がうつり、※どこの家族も父親が語らず、母親に代弁させるのか?
母「今なら、こっちでなら、どこかしら就職先も探せるだろうってお父さんも言ってるのよ」※自分で言えよ父
母「リコが戻ってきてくれたらお母さんも安心なんだけどな」
無言の莉子
母「帰ってきなさいよ」
莉子「うん、考えてみるよ」※とは言ってみたものの、、って感じかなぁ。




ブザー・ビート#09 第九話 感想07 菜月の言葉攻め やられる莉子 助ける麻衣

帰りにバイト先に寄った莉子ちゃん、親友のマイを探して、
莉子「まい〜、ただいまぁ〜」
マイ「リコ〜、おかえり〜」
莉子「一緒にランチ食べたくって来ちゃった」
マイ「OK チョットまってて、終わらせてくる」と嬉しそうに許可を得に行く?
莉子に近づく人影
莉子「まい、この本って在庫が〜」と言いながら振り返ると なぜか なつき登場
莉子「ナツキさん?」
なつき「こんにちは」「今日、バイトじゃないんだぁ?」
莉子「うん、チョット田舎に帰ってて」と帰省してた情報を悪魔に教えちゃったよ
莉子「仕事中?」となつきに逆質問
なつき「うん、パソコン関係の本ってどこにあるかな?」
莉子「あっ、それでしたらこちらになります」と勤務時間外なのになつきを案内する
なつき「よかったね、もうすぐ帰ってくるから」
莉子「えっ」※誰がって感じだよね
なつき「川崎さん、明後日でしょ帰国」※視聴者の私も川崎さんのこと忘れてたよ、来るのか火薬庫が、
莉子「あぁ、うん、」
なつき「どうしたの?あんまりうれしくなさそう?」※知ってて聞くから怖いよね
莉子「えっ、うんう、そんなこと」「あっ、パソコン関係ココになります」
なつき「もしかして、浮気でもしてるの?」
莉子「えっ、浮気?」
なつき「ナオキと」ビックリな目の莉子ちゃん
なつき「なんだぁ、図星だったんだぁ」とこちらも目が少し赤いです、
※ホントは気が弱いのに頑張っているのか?そんな女の子って居るよね、弱いのに強くみせて戦っている子。おっとイケナイ、なつきはいい人説は止めてナツキ悪女伝説を楽しまないと。

本屋の外、なつきになぜかついて歩いている莉子
なつき「へぇ〜川崎さんが女性にだまされちゃうなんてね」
莉子「そんな、ダマしているなんて」
なつき「うんう、攻めてるわけじゃないの 女だって浮気したくなる時ぐらいあるもの」「私もナオキを傷つけた」
莉子「えっ、浮気したの?」敵からの意外な告白にビックリの莉子
なつき「うん、そう。」
莉子「ウソ、あんなに大事にされてたのに」
語気を荒げて なつき「大事にさるだけでどうなるって言うのよ」
なつき「教えて?それで生活が安定する?ケガや病気にならずに済む?一生幸せに生きることが出来る?」と呪文攻撃じゃなかった、問いかけながら、莉子のまわりを一周するなつき
再び語気を荒げて なつき「そんな甘いもんじゃないでしょ」と決めに来た、で、次の攻撃
なつき「ナオキはやさしいけど」「アタシ、ナオキと現実を生きたかったの」「アナタとナオキみたいな傷の舐め合いじゃなくて」
莉子がやっと反撃する
莉子「傷の舐めあいって」
なつき「だって、いつもノンキに二人で現実逃避してるんでしょ」
馬鹿にするような感じ・口調でナツキの決め台詞が来ます
なつき「いつかは夢が叶うといいね って」
なつき「ナオキも気持ちいいんでしょうね、アナタとなら劣等感もないし」また馬鹿にしたような感じで
なつき「フワフワした幼稚な関係で居られて」、また語気を強め
なつき「でも、それっていつまで続くのかな?」やっと莉子の反撃
莉子「ねぇ、どうしてそんな話を私にするの?」、遠くからマイの姿が近づいてきます、ハヤク早く来てと視聴者の声。
なつき「あたしタメなんだよね、夢・ユメ 言ってる人間見ると時々イラっと来ちゃうの」「現実見ろよ」「妄想に逃げている暇があったら真面目に働けよ」※痛いこと言いますね、三流プログラマーの私も真面目に働かないと、、、
莉子「別に逃げたりなんかしてない」
なつき「じゃ、叶うの?」「アナタのソノ夢」。やっと親友のマイが近くに来てます
返事に一瞬詰まる莉子
なつき「ナオキだって」「知ってる?足にケガかかえているの、なのに手術もしないで我慢して」
莉子「手術...」と初耳で動揺中、さらに攻め・言葉なぶりは続き、
なつき「大事な時期なの」
無言の莉子
なつき「やっぱり知らなかったんだぁ」※彼女のクセに知らないの?私は知ってるけどね的な完全に上から目線ですね
なつき「ナオキはさぁ、そう言う大事な話はアナタには出来ないんだよ」
いい返せない莉子...に変わって、まい様やっと登場、
マイ「ちょっと」「何言ってのアンタ?」いいよと莉子が制止するが、間に割って入り頼りになる まい様
マイ「話があるなら上矢君に話せばいいじゃない、それをわざわざリコに言いつけるなんて 何考えてるの?」
なつき「そうだよね、そうする」莉子を見てなつき「確かめたかったの大事なのは川崎さんか直輝か」
マイ「確かめたかった?」マイが怒って「なんでそんなこと」
莉子「もうイイヨまい」...「ナツキさんの言っていること合ってるし」マイ「えっ」
莉子「私の夢はもう叶いそうにないし、浮気って思われて仕方の無いことしちゃったのかもしれない、でも」少しためて
莉子「でも、直輝の夢を馬鹿にすることだけは許せない」と鋭い眼光・目力で反撃、続けてさらにリコのターン
莉子「直輝の夢は現実逃避なんかじゃない、絶対にゼッタイに叶う」と言い切りました、よしヨク言ったと全国から拍手
なつき「そう?」馬鹿にした笑顔で「やさしいのねぇ」
莉子の真剣な絵、のアト、
マイ「もう行こう」「なんか可愛そうな人だね、傷つける事でしか人と関係が築けないなんて」
なつき「かわいそう?私が?」
笑顔でマイ「行こう」と莉子を連れ出し、言葉のイジメ・なぶりの現場からやっと立ち去る。
二人を睨むなつき。。。
※セリフ打ち込んでて、かなり疲れたandイヤな気分にさせてくれますね。でもマイ役の貫地谷しほりさんの演技、間の取りかた、セリフ回しが凄くていいですね、と、セリフ打ってて、いつも思います。今度は主演で ぜひ いい役をもらえると面白そうだけど。
※※主役の友達、上から三・四番目のポジションで主役を支える演技が合っているかもしれないし、まぁ、ポジションによって光り方がわからないけどね。と素人の三流プログラマーが上から目線で最後書いてみました、、(ぉぃぉぃ)





はやめに、続きを書いて、あっぷする。


って、ことで、続きは、、、いつになるかわかりません。



第9話 感想 リンク

  1. 第九話 感想01 元カノ菜月の毒電話で直輝の嘘がバレ動揺中の莉子
  2. 第九話 感想02 まじめな演技のはんにゃ と 田舎に帰った莉子
  3. 第九話 感想03 秀治と麻衣が付き合っていることをウツサンに報告
  4. 第九話 感想04 麻衣が直輝に釘を刺す,バーのバイト,体重1.5増量などいろいろ
  5. 第九話 感想05 ケーキ屋さんで菜月がウツサンに本音・気持ちを語る
  6. 第九話 感想06 三日ぶりに莉子と直輝は CDをネタに楽しい会話
  7. 第九話 感想07 菜月の言葉攻め やられる莉子 助ける麻衣
  8. 第九話 感想08 直輝と代々木が大乱闘 原因は菜月だったからさぁ大変 今カノは...
  9. 第九話 感想09 朝の公園で なぜかすれ違った 二人の心、、、
  10. 第九話 感想10 完全に忘れてた(笑)川崎さん帰国、弱った莉子を抱きしめる

一話から ブザー・ビートの感想記事の一覧を見る

第8話 感想 リンク

  1. 第八話 感想01 隠れる直輝(山下智久)と莉子(北川景子)24歳の抱負
  2. 第八話 感想02 リコ/ナオキ「とか呼んでみた」
  3. 第八話 感想03 耳の良い莉子 独り言を聞き 紙飛行機でメアドを送信
  4. 第八話 感想04 暴露する金沢しおん(小松彩夏)と秘密にしたい直輝
  5. 第八話 感想05 絵文字メールの直輝 と ショートメールの莉子
  6. 第八話 感想06 秀治のボロ船? と バイトキャンセルの悲しい連絡
  7. 第八話 感想07 上矢家の親子三人 雑誌の特集記事で盛り上がる
  8. 第八話 感想08 直輝と莉子の楽しいボール遊び と それを見ていた菜月
  9. 第八話 感想09 ボストンの川崎さんとネットで楽しく話す選手達
  10. 第八話 感想10 [直輝が][直輝は]の連発で菜月が莉子に精神攻撃?
  11. 第八話 感想11 秀治の告白 と 麻衣の意地悪な台詞は照れ隠し?
  12. 第八話 感想12 代々木の劣等感で遊ぶ 何やってんのよ私的な菜月
  13. 第八話 感想13 部屋に居場所のない莉子 明日実家に帰ると直輝に伝える
  14. 第八話 感想14 直輝秘伝のフレンチトースト と 莉子をジャマする雨
  15. 第八話 感想15 別れた女?仲間?の菜月から「行かないで」と言われ...




三流君へ メッセージを送る

全ての質問に答えることはできませんが、
ダメもとで、気軽に質問、感想、メッセージを送ってくださいね・・・

感想や質問・要望・苦情など 三流君へメッセージを送る。
下記のフォームからメッセージを送ることができます。


あなたのお名前(ニックネーム):さん
返信は?:

アドレス:に返事をもらいたい
感想や質問↓:


(感想や質問・要望・苦情はHPで記事に載せることがあります。)
例:[XXXXさんへ回答例]←みたいに回答していたり...


Ken3 ホームページ 目次

分類:HPを大きく分けると4つの柱(分類)です。
・[Excel/Access VBA]の解説
・[ASP(Active Server Pages)]の解説。
・[元コンビニ店長時代の話]が弟に巻き込まれ、失敗した脱サラ、畑違い?の仕事で失敗。
・[プログラマーの愚痴]では、あまり見せたくない三流プログラマーの内面かな。
三流君を踏み台にする
主に上記4つの分類でHP作成やメルマガの発行を行ってます。
※更新頻度が落ちていて情報の鮮度が悪いです。

三流解説動画の再生リスト
https://www.youtube.com/user/ken3video/playlists

本当に三流なんです(笑):たまにスゴイですねなんて言われることもありますが、
真実は→ [三流君の真実は...] ←を初めに見てくださるとわかると思います。
(からくりは、成功例↑しか載せてなくて ヒドイ失敗例はお蔵入り迷宮入りが多かったりします)